クリスマスの掟 ①家族で選ぶ今年のツリー

こんばんは。

いま今年4回目のデンマークに来ています。12月のデンマークは暗く、寒い。4時くらいには薄暗くなり、雪は降らないものの芯から冷えるような寒さになります。

でも、そんな冬を生き抜く人々にとって希望の光、それがクリスマス「Jul(ユル)」です。12月に入るとクリスマスランチやらホットワインを飲むパーティーやら毎週(毎日)のようにイベントがあり、気分を盛り上げます。そんな北欧の人たちにとって、なくてはならないJulですが、国や家族によっていろいろと伝統やルールがあって面白いのでいくつかご紹介していきます。

毎年恒例のクリスマスツリー狩り

クリスマスに欠かすことができないもの、それがクリスマスツリーです。日本でも多くのファミリーが飾っていると思いますが、ツリーにかける意気込みが違います。

ルール①ツリーは本物であるべし

この時期町のあちこちでクリスマスツリーが販売されています。

小さいのから大きいのまでいろいろありますが、ほとんどのファミリーが本物を買うそう。普段は合理的なデンマーク人だから、毎年使えるプラスチックが普及しそうですが、ここは伝統第一で譲れない模様。モミの木はクリスマスが終わった26日に、一斉に捨てられます。

ルール②ツリーは家族皆で狩りにいく

ここからは私の友人の家族の伝統ですので全てのデンマーク人に当てはまるものではありませんが、このファミリーは毎年必ず親族皆でツリーを狩りに行くそうです。

もみの木がたくさんある森。りんご狩りのようにそこから好きなもみの木を選んで自分で狩るシステム。街で買うより安く、自分で選べるのが醍醐味です。先日私も一緒に連れていってもらいました。

ルール③ツリー狩りには全員Nissenの帽子を被る

さっきの写真でもうお気づきだと思いますが、このファミリーのもう一つのルールは、皆赤い帽子を被ること。北欧にはサンタクロースの他に、キリスト教が入る前の独自のキャラクターNissenという小人も、クリスマスの主人公です。

友人のお母さんが毛糸から編み、それをフェルトにして作った手作りの帽子必須で、4家族総勢15人ほどがNissenになります。(私も否応なしに被りました)

皆で、これがいいやらあれがいいやら相談しながら良い木を探します。

広い森でもすぐ自分の家族を発見

目星をつけたら帽子を被せて

家族が同意すればノコギリで切ります。13歳の男の子がおじいちゃんの伝授で初挑戦。大人への一歩。

無事に切れたらえっさほいさと運びます。森で会ったら本物の小人かと思いそう。

「今年も良い木がとれたね〜」

木を網に入れる道具にかけて

車に積んで(そのまま!!)

無事に良い木がとれたので、一休み

温かくて甘いホットワインと

それぞれが作ってきたクッキーやパンを食べました

 

これぞHygge。おとぎ話のようなシーンの連続でした。

子供の子供まで、家族の素敵な伝統が引き継がれますように。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

コペンハーゲン:船の上の生活

9月末から10月半ばまでデンマークに買い付けに行っておりましたが、あっという間に一ヶ月が経ちました。ブログを更新しなければしなければと思いつつ後回しに。。

今回の旅行も、たくさんの素敵なものや人に出会った良い旅でした。好きなことを仕事にして、行きたいところに行って人と出会って、なんて良い生活とよく言われますが本当にそうだと自負しております。

今回も素敵な人とお家を訪ねましたが、中でも印象的だったのはこちらの「船上の家」です。

運河の多いコペンハーゲン。こんな風に船があちこちにあり、漁業用の船とか、観光用、家庭用などいろいろありますが、その船に住んでいる人もいるのです。

ちょっと中を覗いてみましょう。

北欧モダンのダイニングキッチンに

光の入るリビングルーム

テラスではガーデニング

眺めも最高です

「船で生活」と聞いたらある程度狭いのだろうなと思っていたのですが、他にもベッドルームや作業室、バスルームがあり、全く不自由はないようでした。

DIYの得意なデンマーク人、内装だけでなくボイラーや電気、配管まで、彼氏さんがしたそうです!

お天気の良い日には、船からどぼんと飛び込んで泳ぐんだとか。

いろんなスタイルや生活があるんだなと、デンマークにくるといつも世界が広がります。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

幻のクイストゴーコーディアルパレット パープル入荷

先日、デンマークから荷物が届きました。

今回は今までと少し違ったものを入手したいといろいろ入荷した中で、特に一押しがこちら。

短期間しか製造されなかったというクイストゴーパレットシリーズのパープルです。

クイストゴー Cordial Palet(コーディアル パレット)パープル 深皿(¥14000)

状態も良く、色合いがとても綺麗です。

カップ&ソーサーは先日アップをしてすぐに売り切れてしましましたが、先ほど2客追加しました。

クイストゴー Cordial Palet(コーディアル パレット)パープル

クイストゴー Cordial Palet(コーディアル パレット)パープル

 

デンマークのアンティークショップやマーケットにはもう並んでおらず、次はいつ入荷できるかわかりませんのでお探ししていた方いかがでしょうか?

今後もパレットは根気良く探していきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

ロイヤルコペンハーゲンの目利き《初級編》バックスタンプの見分け方 

うちのお店で最も多く取り扱っているロイヤルコペンハーゲン。250年の歴史ある老舗ブランドですので世界中で親しまれています。

(ロイヤルコペンハーゲン本店)

デンマークに住んでいる間にもお店やお宅でたくさんのロイヤルコペンハーゲンに接してきて、できるだけ質が良く面白いものを、手に取ることができ、長く大切に使って頂けるお値段で提供したいと思い、買い付けに行っています。

お客様からよく製品の質や年代、本物か偽物かなどお問い合わせを受けるので、どこかで気になるロイヤルコペンハーゲンに出会ったときに、とりあえず基本となる見分け方をご紹介したいと思います。

1.偽物か本物か

たまに、お客様からお問い合わせがあります。例えば、「バックプリントが他のものと違う」や、「自分が持っているものの薄さと違う」という相違点からもしかして偽物ではないかと不安に思う方が多いようです。

結論から言うと、「デンマークにロイヤルコペンハーゲンの偽物はほぼない」ということです。現地のアンティークショップのオーナーさん達にも聞きましたが、「デンマークのような小さな国で、ロイヤルコペンハーゲンのようなクオリティーの製品を作れるなら別のブランドを作るし、そのような偽物が存在したことが発覚したら国内でもセンセーショナルな事件」だそうです。

(鑑定中のコペンハーゲンのアンティークショップのオーナー)

ただし、ある年代のものが希少なためプレミア価格がついているイヤープレートのようなものは、近年になってデンマーク以外の国で偽物が作られていることがあり、注意が必要です。

また、機械ではなくて手仕事で作られているものですので、バックスタンプや色合い、製品の薄さやペイントはその時代や職人によって千差万別です。なので「こうであれば本物」という基準はないのですが、バックプリントによってその製品について詳しく確認することはできますので、ご紹介していきます。

2.A級品かB級品(訳あり)か

こちらはご存知の方が多いかと思いますが、その製品がA級品かB級品(訳あり)かを一目で見分けることができます。製造時になんらかの理由によって訳ありと判定されたものは、裏のバックプリントの王冠の下の三本の波線に小さな傷がつけられています。

そういうものはよく見ると、表面にわずかな凹みがあったり、ペイントがずれていたり、黒点があったりします。今でいうアウトレット製品です。

ただ、質は同じですし、よく見ないとわからないようなものばかりで、B品であっても手描きのペイントがとても素敵だったり、縁を感じたら、そのような品評だけにこだわらず自分だけのお気に入りとして購入されてはいかがかと思います。

3.デンマーク製かタイ製か

こちらも既に有名かもしれませんが、現在のロイヤルコペンハーゲンはタイで製造されています。それがいいか悪いかは別として、「ロイヤルコペンハーゲンはやっぱりデンマークで作られたものが欲しい!」という方は、タイに工場が移された2004年より以前のものを探せば良いのですが、こちらも簡単に、裏のバックプリントの波線の上に「DANMARK」と入っていればデンマークで作られたものです。

ちなみにこちらは最近のもの。DANMARKの記述はないですね。

4.年代ものか新しいものか

その製品がいつの時代に作られたかというのもバックプリントを見て判断することができます。1925年以降のものであれば、王冠の周りにあるROYAL COPENHAGEN DANMARKのどの文字の上下に小さなアンダーバーがあるかで何年に製造されたかがわかります。

小さなバー(-)がROYAL COPENHAGENの上にある場合は1935-1949年のもの

バー(-)がROYAL DENMARK COPENHAGENの下にある場合は1950-1984年のもの

バー(-)が二つあり、ROYALの上にある場合は1985年-2004年のものです。それ以前のレアなものについてはまた追って記事にします。

全てが古ければ良いということではありませんが、私はやはり古いものを見つけるとテンションがあがります。古いということは、たくさんの時代や人に受け継がれてきたというロマンがありますし、磁器なのでその間割れずに生き抜いてきたという生命力の強さ(?)も魅力です。

また、やはり古いものにはクオリティーも高いものが多いです。

例えばですが、現在でも製造されているブルーフルーテッドのフルレース。

うちで取り扱っている小さな豆皿ですが、左が1894年-1900年につくられたのもので、右が1990年代のものです。

左は100年以上前のものですので、バックプリントの王冠のマークも違います。

左はとても薄く、職人がひとつひとつ切ってつくるレース部分もとても繊細につくられているのがわかります。

全てにこのような違いが現れるわけではないですし、今での腕の良い職人はいるとは思いますが、見て触る度に、やはり昔の人は仕事が丁寧で、機械などが発達していなかった分、手先が器用だったのかなと思います。

5.自分のタイプかどうか

バックプリントとはあまり関係ありませんが、自分のタイプかどうかはとても大事だと思います。特にロイヤルコペンハーゲンの製品は、クラフトマンシップを大切にしてきた会社ですので、同じシリーズで同じ形でも、ペインターや職人によって表情が様々です。

お客さんがその中から自分の好きな絵柄を選んでいかれるのですが、本当に人によって様々で、濃く元気なものが好みの方がいれば、淡く繊細な雰囲気を好まれる方もいます。数十年前、あるいは100年以上前にせっせとペイントを施していたペインターの中にきっと自分と波長の合う人がいるはずです。

ペインターのサインもバックプリントに描いてありますので、もしかしたら同じ人を選ぶかもしれません。

知識も役に立ちますが、アンティークは特に一期一会の出会いなので、最後は自分の直感を信じて、自分の好きな相方を選ぶ気持ちで選んでいただくと、日々が少し豊かになる、暮らしのパートナーとなるかと思います。

ブルーフラワー バターパッド豆皿 5枚セット/¥10000

↑オンラインショップでご購入いただけます

———————————————————–

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

デンマークの食卓① ヘルシーな次世代ヨーグルトSkyr

更新が止まってしまっていました。お客様から「ブログ読んでいます」と嬉しいお言葉をいただいたので、ちゃんと更新していこうと思います。

今日はデンマークの朝食について。

ヨーロッパの朝食と言えば、パン、チーズ、ハムやソーセージにコーヒーというように、ホテルの朝食のようなイメージがあると思います。確かにそれも間違いではないのですが、共働きが普通のデンマーク。朝は時間がないのでささっと済ませることが多いようです。

オートミールに牛乳やヨーグルトが多いようですが、先日知人のお宅で朝食に頂いたのがこちら。

Skyr(スキュア)という乳製品です。

一見ヨーグルトのようですが、酸味が少なく濃厚でまったりしています。

お隣のアイスランドの伝統的な乳製品だそうで、カロリーが少なく、高タンパク低脂肪のため、健康志向の人々に人気だとか。

ナッツや季節のベリーを入れ、メープルシロップをかけていただきました。

私は全然知らなかったのですが、先日アメリカに行った時もスーパーに置いてあったので、日本でも人気になるかもしれませんね♪

厳密にはチーズの一種みたいですが、味はマスカルポーネとヨーグルトの中間のようで、私は好きでした。

今ネットを見たところ、日本の乳製品会社がアイスランドの会社と先日提携し、2019年春にSkyrを販売するそうです。日ハムの乳製品子会社、アイスランド社と提携(日経新聞)

どんな製品になるのか楽しみですね♪

北欧ヴィンテージワンピース SUMMER’18

こんにちは。

今年二回目の買い付けから帰ってきました。

ずっと快晴で一番良い季節のデンマークで、その内容は追ってご報告したいと思います。

その前に、日本もじわじわと暑くなってきて、サマーワンピースの出番がやってきましたので、今日からオンラインショップで販売開始しました。

 

北欧らしいテキスタイルや、

形を考えて丁寧につくられたハンドメイドの一着

目を引く華やかなものから、

夏らしい爽やかな一着まで。

形も柄も他とはかぶらないないオンリーワンの一着です。

写真を撮ったのは、事務所の近くにある私が小学生の頃よく遊んでいた公園。

(撮影風景)

実際は松がたくさんある古い公園なのですが、今回もhirokoさんのマジックでまるで北欧の森に見えます。

モデルさんは高校の後輩のchikaちゃん。爽やかで可愛くて北欧ワンピースのイメージにぴったりだったのでお願いしました。

写真だけでもとても可愛いので、ぜひごらんください!

Imaya 北欧ヴィンテージワンピース一覧はこちらをクリック

 

———————————————————

クリック応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

初夏の北欧のHYGGEな過ごし方

今年2回目の買い付けに来ています。

5月中旬から7月にかけては、日も長くなり、春と夏が一気に来るデンマークで最も良い季節。

長い冬を耐えた草木もやっと太陽の光を浴び、待っていましたとばかりに一気に芽吹きます。

せっかくお天気も良く気持ちの良い季節なので充実した日々にしたいところ。

旅行や日々の理想の過ごし方は皆それぞれだと思いますが、今回は私流のこの時期を楽しむ理想の1日の過ごし方をご紹介します。

①時差ボケで早起きする 6:00 a.m.

日本とデンマークの時差は7時間。最初の2、3日は夕方眠くなり、夜中の2時や3時に目覚めてしまいますが、できるだけ工夫をして早めに起きるのがベスト。

この時期は日の出も早く鳥のさえずりとともにすっきり目覚められます。

②フリーマーケットへ行く  8:30 a.m.

今回はちょうど金曜日に着くフライトだったので、朝早めに目覚めると翌日早速ラッキーなことが。この季節、土日になると朝からフリーマーケットが開催されているのです。

だいたい9時頃からスタートで、お昼くらいになると混み合うので朝一で早めに観に行くのがベスト。

可愛いものがたくさんあります。わくわく

③カフェで一息 10:30 a.m.

1日中いられそうなフリーマーケットですが、だいたいものと人混みに疲れてしまうので、欲張らず直感に従ってぱっと買い付けをすましてカフェで一息。

週末はブランチをやっているカフェもたくさんあります。

好きなカフェでコーヒーのみながら買ったものを広げて眺める至福のとき。

④お昼まで街をプラプラ 11:30 a.m.

土曜日はお店のオープンが遅めなので、少し街をプラプラします。

今回のフリーマーケットはコペンハーゲン近郊でもハイソなフレデリクスベアという街だったので、ブティックやオープンカフェが立ち並び、お散歩するだけで楽しいところ。

⑤お気に入りのアンティーク・ヴィンテージショップに行く 13:00 p.m.

午後は行きたいお店に直行します。買い付けというと、1日に何軒もまたぐイメージがありますが、私はだいたい1日に2件ほどにしています。たくさん見すぎて疲れてくると、安いからという理由でいらない買い物をしがちなので、その日にターゲットのお店と予算を決めて、その範囲内で探すと良い買い物ができます。

この日は、行きつけのヴィンテージ服のショップに行きました。

服のことよく知っていて、どの形がどの時代のものかなども教えてくれて、おまけもたくさんしてくれる大好きなおじいさんのショップです。

お店の人とお話するのも買い付けの醍醐味です。

⑥友人とお茶 15:00 p.m.

両手も脳みそもいっぱいになったら、買い付けはキリよく切り上げます。いったん荷物を置いて友人とお茶。天気が良いとデンマーク人はこぞって外に出たがるのでテラス席もたくさんあります。

⑦サマーハウスでまったり 18:00 p.m.

この日は友人のサマーハウスへ。良い季節を存分に味わうため、多くのデンマーク人が郊外のビーチや自然豊かな場所に、サマーハウスを持っています。

今の日の入りは9時過ぎでした。ビーチに行ったり庭でバーベキューをして、まったり過ごします。

以上、私のお気に入りの初夏の過ごし方でした。

世の喧騒なんて忘れてしまうのんびりした至福のひと時。この時期の北欧は真夏ほど航空券も高くなくおすすめです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

北欧ヴィンテージワンピースはじめます

デンマークに住んでいる時は、毎日のようにアンティークやヴィンテージを探して歩いていた私ですが、食器の他にもう一つ集めていたものがありました。

それが、とても可愛い北欧柄のワンピースです。

食器の扱いに夢中で忘れられていましたが、先日友人に見せたところ。「やっぱり可愛い!」となり、そのコレクションも販売することにしました。

今準備を進めていますが、販売開始まえに少しだけ。

1950年代から70年代のもので、そのほとんどが世界に一つのハンドメイドです。

ハンドメイドと言っても襟元や形はとても綺麗につくられていて、生地も日本にはないような北欧らしいものばかり。

別途同じ柄のリボンベルトがついているものもあり、体型に合わせてご使用いただけます。

2018年夏はぜひ、世界に一つのヴィンテージワンピースでレトロに可愛く楽しんでください!

webショップでの公開は6月初旬を予定しています。

準備が出来次第、インスタ・ブログにて再度ご紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつも見ていただきありがとうございます。クリック応援お願いいたします♪
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

見えない思いの力

この仕事を始めてから1年ほどたちましたが、たくさんの人に出会い、助けてもらってとても感謝しています。事業をする時に、「できるだけ人に頼むこと」と教わったのですが、実際に一人ではできないことがたくさんあり、むしろできないことの方が多いです。これまでも、デンマークでの買い付けから、梱包、発送、webショップ、広報、イベント、紹介・応援してくれる人や購入してくれるお客さままで、たくさんの人の力で運営できていて、本当にそうだなとしみじみ思います。
そんな助けて頂いている中の一人が、いつもwebショップの素敵な写真を撮ってくださるカメラマンのhirokoさん。
hirokoさんも同じ地元で、同じ時期に独立され、ご縁があって食器の写真を依頼させてもらっています。
 
 ・
自分で選んだ食器なので、元々素敵だと思った食器たちなのですが、hirokoさんの手にかかるとその写真を持って「これうちの子なんです 」と日本中を自慢して回りたくなるほど、そのモノを輝かせてくれます。
 ・
光は自然光を使い、特別なものを準備したりせずに、その時周りにあるものをさっと使って撮ってくださるので、嫌味のない、作られていない、いつもそこだけにある世界観ができあがります。
 ・
そんなhirokoさん、写真を撮るときに、「かわいい!かわいい〜!」と言ってグラビアアイドルのカメラマン並みに撮るものを褒めながら撮ってくれます。私もたまに一緒になって横から「いいねー!いいよー!」と合いの手を入れて和気藹々と撮影をしています。
そのあと送られてきた写真を観るのですが、そうやって褒められながら撮られた食器は、自信に満ち溢れているなーと感じます。
先日、撮影後にお話をしていたのですが、hirokoさんは「思いがレンズ越しにでちゃうの〜」と可愛く深いことを言っていました。自分が撮りたいとか、可愛い!素敵!と思ったトキメキが、ついついレンズを通して写真に出るのだそうです。だから、写真もカメラもモノも人も、思いって大事なんだねと話していました。
 ・
 私もモノを扱うようになって、日々観察や反省をしていると、hirokoさんの言っていることがなんとなくわかります。「モノにも思いがある」と言ったら薄っぺらいかもしれませんが、私たちが視覚できないことが溢れているというのは確かだと思います。それは特別なものではなく、愛情をかけられて使われたものは、次の持ち主に愛情を注いでくれるんじゃないかというような単純明快なものです。植物も声をかけると成長するとか、水にありがとうというと綺麗な結晶になるとか言いますよね。聞いたときは「そんなわけあるかいっ」と思っていたのですが、そんなことももしかしたらあるのかもしれないなと思うのです。
 ・
 なのでこれを書いていて最近忘れがちだったなーと反省していますが、持ち主から持ち主へ渡るつかの間を預っている私も、思いや言葉を大事にして、hirokoさんみたいにたくさん食器を褒めてあげようと思いました。
 
 ・
そんなhirokoさんのホームページが完成したようですので、ぜひ素敵な写真たちを見てください。
——————————
 クリック応援お願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

旅する北欧食器②:リュンビューポーセリン(磁器メーカー)

前回、旅する北欧食器①でガラスメーカーのホルムガードをご紹介しましたが、ホルムガードの製品がホルムガードという町で作られていたように、北欧のブランドの多くはその地域にちなんで名付けられています。日本の有田焼や瀬戸焼みたいなものでしょうか。せっかくですのでそのブランドと共に、デンマークを旅するようにその地域も合わせて紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するのはリュンビューポーセリン(Lyngby Porcelæn)です。

クラシックなロイヤルコペンハーゲンやB&Gとはまた違い、シンプルモダンなデンマークデザインが特徴的です。

ブランド名に使われているリュンビューは、首都コペンハーゲンの北にあります。

住みたい街ランキング上位のリュンビュー市(Kgs. Lyngby)

デンマークで最も人気の街は、もちろん首都のコペンハーゲンです。日本の都市と比べてゆったりこじんまりとして緑も多いコペンハーゲンですが、中心部は古いアパートが多く、駐車スペースも不足しているので、家族でゆったり住むにはちょっと…という人もいます。

「一軒家に住みたいけど、仕事はコペンハーゲン」という人に人気なのが、コペンハーゲンの北部の地域です。コンゲンス・リュンビュー市もその一つ。

コペンハーゲンまで電車やバスで20分〜30分ほどで行くことができ、湖や森など自然も豊かです。コペンハーゲン北の海岸沿いや、北部の地域は富裕層も多い人気の街です。

リュンビュー市街には12世紀にさかのぼる歴史あるリュンビュー協会や、

小さなショッピングストリート

参照:Lyngby kommune

また、駅前には近代的なショッピングモールや百貨店もあります。

一方で北部には1000ヘクタールもある大きな自然公園があり、Dyrehaven(鹿の公園)という名前の通り2000頭の野生の鹿が生息しています。

↑よーく見ると鹿がいます

元々は王室のハンティング拠点だったそう。

高台からは海が見え、市民が散歩したりピクニックしたりしています。

 

わずか33年で閉業するも、40年後に復活した異例のブランド

そんな、今では人気の郊外リュンビューに80年前に設立されたのが、リュンビューポーセリンです。

元々はデンマーク第二の都市のオーフスのPorcælensfabrikken Denmark という会社でした。ヨーロッパ諸国の安価な庶民向けの食器を販売する会社ですが、1930年代の大恐慌を受けて、デンマーク国内で製品を作ることになります。

そして1936年にリュンビューにあった古い製糖工場に新たに作られたのが、リュンビューポーセリンでした。

参照:Lyngby porcælain

リュンビューポーセリンはその時代に主流であった装飾的な製品と対照的に、機能性や合理性に重きを置くバウハウス運動の影響を受けたモダンな製品を発表していきました。

リュンビューポーセリンの代表的な花瓶リュンビューベースもこの頃に生まれます。

ピーク時は、デンマークの磁器の3分の1を占める生産量を誇っていましたが、設立からわずか33年後の1969年に閉鎖してしまいました。

工場は閉鎖してしまいましたが、リュンビューポーセリンの製品は、デンマークデザイン・北欧デザインの象徴として、その後も影響力を持ち続けます。

そして、華やかで安価なものを求める大量生産・大量消費の時代が下火になり、質や機能性、持続性が見直されるようになった近年、42年の時を経て、2012年にリュンビューポーセリンとして復活しました。

Lyngby porcælain

現在の工場は、リュンビューではなくドイツにあるそうですが、リュンビューベースは現在デンマークでも日本でも人気を誇っています。

先月買い付けで見つけたのは、短い33年の間にリュンビューで作られた、初代リュンビューポーセリンのものです。

波のような模様のスープカップ&ソーサー

同じスープカップ&ソーサーでtangent(鍵穴)というシリーズです。

リュンビューポーセリンらしく、無駄のないシンプルなデザインですが、両耳がついていて可愛らしく、ソーサーもついて存在感があります。

優雅な朝食になること間違いなしの一品、2種2セットずつオンラインショップにアップしましたのでぜひ、貴重な33年間の製品をお楽しみください。

Lyngby porcelain/リュンビューポーセリン スープカップ&ソーサー wave      ¥3800

Lyngby porcelain/リュンビューポーセリン スープカップ&ソーサー tangent¥3800

drop/ドロップ ソースポット ¥4000

drop/ドロップ ソースポット ¥4800

tangent/タンジェント シュガーボウル ¥2800

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村