北欧に見る違って当たり前な社会

お久しぶりです。激動の2020年もあっという間に終わりそうです。

2016年にデンマークで1年間過ごしてから4年間、2、3ヶ月に1度は北欧に行っていたので、こんなに長い間飛行機に乗らずに日本にいたのは久しぶりでした。

どんなこともそうだと思いますが、浅く広い関係というのは楽で、いろんな場所を短く転々としていると、その場所のいいところがよく見えます。一方で1つのところにずっといると、その嫌なところがよく見えて、そしていつの間にかそこの当たり前が自分に染みこんでくるような気がしてあまり好きではありません。

久しぶりにずっと日本にいたからこそ、改めて感じた、デンマークのやっぱ良いなーと思うところ、そして恋しいところは、寛容な空気です。

これまでにも書いていますが、デンマークの学校では対話を教えられます。それは上手に話すためではなくて、いろんな人種がいて、いろんな宗教がある。同じ人種で同じ宗教であっても、対話をすればいろんな意見があるということを身をもって知ることであると思います。

こんな状況になると特に思うのは、「違って当たり前」というのが、日本では思った以上に馴染みのないものなのだということです。だからこそ、こういう時もそれなりによく機能するというのは何度も書いてるので省きますが、日本では、どちらかというと「違うことは悪いこと」だと教えられてきたように思います。

「違って当たり前」というのが通用しない世界では、「あいつは間違っていて、自分が正しい」そんな深い溝ができてしまいます。この溝は一度できると、なかなか埋まりません。そしてそこにいろんな腐敗物が埋まっていきます。

「違って当たり前」だという感覚は、あらゆる争いの防波堤になります。「自分が大切だと思うことと、誰かが大切だと思うことが違うかもしれない」という前提に立つこと。そして相手の意見を聞いて、自分の意見を伝えるのがベストですが、それができなければ、少し想像してみるだけでもいいと思います。

私の地域では、新型コロナに初めて感染した人の家が石を投げられて引っ越してしまったという噂があります。これも噂なので真相はどうかわかりませんが、おそらくその家に石を投げた人は、テレビやネットで伝えられるたった数十文字を見て、「こいつは悪だ!」「こいつはなんて非常識だ」と判定したのだと思います。そのニュースを聞いたときに、その人にもしかしたらやむおえない事情があったのだろうか、その人の人生にとってどうしても大切なことが絡んでいたのだろうかと想像した人は何人いたでしょうか。もしそうでなければ、「何も石を投げたりしなくても」と思う大勢の私たちだって、結局石を投げた人とあまり変わらないのだと思います。そしてもちろん、その石を投げた人にも、そうせざるを得なかった背景があるのかもしれません。

私たちは、ルールや常識、世論に埋もれたたくさんのストーリーがあるということをついつい忘れてしまいます。大切なのは、そのジャッジの前に一息置く余裕と想像力だと思います。

「トランプがいい」という人もいれば「バイデンがいい」という人もいて、「コロナウイルスが危険だ」という人もいれば「コロナウイルスなんてない」という人もいます。人が信じているものも生き方も様々、どんな意見だってあって良い。全員一致する方が不自然です。

いつもどんな時も、

自分とは違う意見に耳を傾けることができたか。

それを持って、魂を込めて自分なりの考えを導きだすことができたか。

そんなことを突きつけられた1年でした。

来年は、どんな年になるでしょうか?

周りの状況がどうであれ、自分や他者に対する寛容性のある社会は、一部の人だけでなく大勢の人にとって寛容で優しい社会を作る一歩ではないかと思います。

きたる新しい世界が、そんな社会でありますように。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

スウェーデン映画「リンドグレーン」生きることと風景の美しさ/主題歌springa

こんにちは。

あー北欧に行きたいな、早くヨーロッパに行きたいなと思いながらも、身近な自然や風景、小さなお店をのんびり楽しむのもまた良いなと思う今日この頃です。「何かしなきゃ」「忙しくしてなきゃ」と追われていた毎日から強制的に引き離されて、今まで見えていなかったことが見えたり感じたりすることが世界中で起こっているのではないかと思います。

先日、地元のミニシアターがオープンしたのでそこでやっていたスウェーデン映画「リンドグレーン」を見に行きました。

「ロッタちゃん」や「長靴下のピッピ」を書いた女性作家。デンマークでも、子供になんの本が好き?と聞くと大抵「リンドグレーン!」と返ってきます。そんな北欧の子どもたちが尊敬する児童文学作家の半生を描いています。

とても北欧らしい、風景も綺麗なあたたかい映画でした。あー早く行きたい!って余計思ってしまうかも。たぶん、普通だったら、人が何か成功した姿がクライマックスになると思うのですが、この映画はそこは描かれていません。たぶん、そこはそんな重要なところではないから。

生きるってなんでしょう?何のために生きているのか、何がその人の人生にとって大切なのか、人によって違うと思います。でも、この映画を見て一つだけ言えるのは、生きるって色んなことを感じること。良いことも悪いことも、しあわせなことも悲しいことも、どれだけたくさん心を動かせたか。その瞬間をしっかり感じられたか。どううまくやりこなしたとか、かわしたとか対応したかとか生み出したとかそんなことはあんまりどうでもいいのかも!と思いました。

この先なんだか不安に思う人が多い方はぜひ見てほしいです。

主題歌もぴったりでとっても良かったので歌だけでも聞いてみてください♪子どもたちの声とても癒されます。

Springa/ Ane brun

Springa, våga springa 走って、思いきり走って

Genom döden in i livet 死にいたるその時まで

Springa, våga springa 走って、思いきり走って

Genom mörkret in i ljuset 闇から光へと

Passa på att leva, ta för dig   人生を生きて あなたのために
Känn att sommaren den är din  夏はあなたのものだと感じて
Passa på att leva, ta ett steg fram  人生を生きて、一歩進んでみて
Eller baklänges om du vill  あるいは一歩下がってもいい

Passa på att leva, stå mitt i det 人生を生きて、そこに堂々と立つ
Möt upp stormarna med ett skrik 嵐の中を大声で叫んで

Springa, våga springa 走って、思いきり走って

Genom döden in i livet 死にいたるその時まで

Springa, våga springa 走って、思いきり走って

Genom mörkret in i ljuset 闇から光へと


Inte förtvivla, men du kan gråta 絶望しないで、でも泣いても大丈夫

Och se att framtiden kan förlåta そして未来が許してくれることをちゃんと見て

Svartmåla inte hela tavlan du fått 受け取ったボード全部に色を塗らず
Låt andra färger få plats emellanåt 時々他の色を合わせてみて
Inte ångra, men du kan lära 後悔はしなくていい でもそこから学ぶ
Sen går du labyrinten utantill そしたらやっとその迷路から出られるから

 

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

Song for Denmark 新型コロナウイルスで中止になったデンマークでの公演を動画にしました。相撲甚句(デンマークVer.)

Imaya travel番外編の動画です。

2020年の4月に行われるはずだったデンマークの首都コペンハーゲンでの「Sakura festival」。2日間で3万人が訪れるこの桜祭りのステージに、私の地元・富山県の民謡、おわら盆踊りを披露する11人のメンバーを引率する予定でした。残念ながら新型コロナウイルスの影響でイベントは中止になりましたが、ボーカルのおふたりが公演に向けて練習していた渋い相撲甚句(デンマーク Ver.) を動画にてデンマークの皆さんに届けたく動画を作りました。

最初は「古くさい歌うたうのねー」と思っていたのですが、何度も聞くうちにその渋さとボーカルの垣野さんの歌声に惹かれ、最近では鼻歌で相撲甚句を歌っています。少しでもデンマークの皆さんに届くといいな♪ はぁードスコイドスコイ!

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

世界的に有名な〇〇創始者の膨大なアートコレクションを公開!ニューカールスベア美術館(コペンハーゲン)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #20

こんにちは!
今のところ北欧に行けないのですが、撮りためていた風景や思い出などなど、たくさんシェアしていきたいと思います♪

今日はコペンハーゲンにあるニューカールスベア美術館。実はあの世界的に有名な会社の創始者の息子が集めた膨大なアートコレクションだそうです。幻想的な館内は都会のオアシス。「仕事や育児で疲れた時に、1人でボーーっとしにいくの!」と言っていたデンマークの友達。あーそんな暮らしいいなぁ

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

北欧のクリスマス No.2 美味しいHYGGEなクリスマスイブ (デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #19

3月も半ば、もうすぐ春がやってきます。

季節外れもいいとこですが、デンマークのクリスマス第二弾の動画ができましたので、少し季節を遡って、温かいクリスマス気分を味わっていただけたら嬉しいです。。

24日のクリスマスイブは美味しい料理に楽しい歌、嬉しいプレゼント。心温まるヒュッゲ(HYGGE)な北欧のクリスマスパーティの様子です。

 

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ペーパーナプキンでマスク??/ デンマークが入国禁止に

こんにちは!

3月末はデンマークへの買い付けを予定していましたが、デンマークがコロナウイルス で1ヶ月入国禁止になったので残念ながら延期になりました。

ちょっと残念ですが、できることはたくさんあるので、次の渡航を楽しみに、元気に過ごしたいと思います。

デンマークは福祉国家で、国民も賢くて落ち着いている、そんなイメージは綺麗すぎても嘘だとは思ったことはないのですが、先日2週間ほとんどの機関が閉鎖されることが決まった時は、みんながスーパーに走り、棚がガラガラになったそうです。。少し安心しました。人間はやっぱりみんな怖いし弱いし、パニックになるし、それを認めた上で、少し譲り合ったり、小さな希望をもったりできるといいなと思います。

日本でもまだマスク不足なようで、この時期に入り心配をしていた花粉症の友人が、うちのロイヤル柄のペーパーナプキンでとっても素敵なマスクを作ってくれました。

医療用ではないし、ウイルス予防に効果的かはわかりませんが、花粉は少し防げるかもしれません。

作り方を教えて頂きましたが、結構簡単にできました。たまに手を動かすのも折り紙みたいで楽しかったです。(たくさんの方がyoutubeやブログで作っておられるので、作り方や有用性についてはそちらをご覧ください)

こんな時だからこそ花柄やロイヤル柄のマスクがあっても素敵だと思います。

こんな時だからこそ、たくさんの方が笑顔でいられますように。

 

【ロイヤル柄ペーパーナプキンの販売はこちら】

 

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

北欧のクリスマス No.1 お気に入りのツリーを探しに (デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #18

youtube、しばらく更新していなかったのですが、知らない間にチャンネル登録してくださった方がたくさんいたのでまたいろいろ作っていきます。

北欧のクリスマスの嬉しくて温かい雰囲気、少しでも伝われば幸いです。向こうの子どもたちとっても可愛いです。そして今さらクリスマス、季節外れですみません。。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

新しいチャレンジと新しい祈り 北欧全然関係ない話

皆さんこんにちは。

先ほど発送の間にちょっと外へ出たら、コロナウイルスショックでひとっこひとり見かけませんでした。今年は4月と6月にデンマークでイベントを計画しているのですが、どうなることやらという感じです。先ほどデンマークから連絡がきて、もう少し状況や影響が明確になった上で判断しますと割と冷静な対応でした。

さて、この北欧食器の販売を初めてからこの春で4年目になります。すぐに飽きちゃう私にしては結構続けているなと思いますが、デンマークに行っては好きなもの売って、もちろんこんな良い仕事ないだろうと思います。

とは言え、時が流れるに連れて、好みや流行、文化は少しづつ変わるもので、その変化には柔軟に対応できるようにしておきたいと思っています。最近よくパラレルキャリアという言葉を聞きますが、「本業とは別の活動を並行して行うこと」らしいです。

なんでこんなことを書くかというと、先日新しいビジネスをスタートしました。何かというと、「ボックス型の仏壇」です。北欧全然関係なしです。ことの経緯は長くなるので省きますが、私は昔から結構仏壇の前が好きで、お経が書いてある開くとびらーんとなる長い本みたいなのも好きで、仏壇の前に座ってはお経を暗記したりしていました。あれを見ずにお経が言える祖母やお坊さんをちょっとかっこいいと思っていました。変な奴ですね。

これからの時代はおそらく、祖父母が持っていたような仏壇を持つ人はいなくなるだろうと思います。でも、忙しい日々の中で、時々手を合わせて、自分自身や、大好きだった人や動物、あるいはもっと大きな存在と向き合う時間はとても大事だと思います。

パラレルキャリアなのかただの思いつきなのかはわかりませんが、北欧の仕事を通して得た経験や出逢いはいろんな形で活かせています。

ボックス型祭壇っていったい何??と少しでも気になった方は、以下の動画をご覧いただければ幸いです。

動画制作もimayaの仕事で身につけた一つですが、しばらく放置していましたが知らない間に登録者が増えていたので再開いたします。

またそちらもどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

幻のロイヤルパープル! ロイヤルコペンハーゲンバーガンディの歴史と秘話

新年明けましておめでとうございます。

今年も北欧と日本の間で良いもの・こと・人を紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、2019年の暮れから2020年初旬にかけて、買い付けの旅に行ってきました。

ちょうどクリスマスシーズンだったので、その様子もお伝えしますが、その前に今年最初の買い付け商品をご紹介したいと思います。

それがこちら、ロイヤルコペンハーゲンのフルーテッドフルレース「バーガンディ」のセットです。

ロイヤルコペンハーゲンと言えば、ロイヤルブルーが有名ですが、こちらは深いワイン色をしています。もうお嫁に行ってしまったのですが、とても貴重なお品でしたので少しご紹介させていただきます。

 

最初はあの有名ブランドで販売されていた!?

ブルーでないレッド系の色合いのフルーテッドシリーズは、意外にも創業して間もない1790年から既に存在していたそうです。フルーテッドプレーンのみですが、1796年のオークションには、レッド系のティーセットが出品されています。

その後、1884年から1916年までロイヤルコペンハーゲンの芸術監督を務めたアーノルド・クロッグは、ブルーフルーテッドの近代化を目指し、ハーフレースとフルレースのカラーを試みます。

ちなみに、このアーノルド・クロッグさんは日本の美や自然からインスパイアを受けたため、ロイヤル・コペンハーゲンの商品には日本の雰囲気に近いものが生まれました。

このワイン色の「バーガンディ」が販売されたのは1890年代。販売されていたのは、意外にもデンマークではなくアメリカ。そして、その頃はまだロイヤルコペンハーゲン社がニューヨークに最初のお店をオープンする前だったため、なんとあの有名なティファニーのお店を通じて販売されていたのだとか!

デンマーク人はロイヤルブルーしか受け入れなかったのでしょうか?

市場にでることが少ないバーガンディですが、最近ではデンマークのフレデリック皇太子が2004年に結婚した際にウェディングに使用したそうです。

 

バーガンディの製作

この独特の紫色のカラーは、フローラダニカの色と同じように、金属酸化物を混ぜて作られているそうです。そしてペイントの際は、油やテレビン油ではなく、水ベースの塗装媒体が使用されています。

フローラダニカと同じように、釉薬の上から塗るオングレーズ装飾というテクニックで、イタチ科のテンの毛を使った特別なペイントブラシで装飾され、焼きの際は、比較的低めの860℃の温度で、装飾の細部に応じて3〜5回じっくりと焼いて完成です。

ブルーも素敵ですが、紫も気品がありとっても綺麗でした。女性らしく温かい趣です。

滅多にお目にかかることのないお品を取り扱うことができ、バイヤーとしてとても良いスタートを切ることができました。

皆さまも、今年もたくさん素敵な出会いがありますように。

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

しあわせの国のレシピ〜スモーブロを作ろう〜②しあわせになるための土台は「自分であること」〜

前回書きましたが、デンマークの友人たちによる「スモーブロを作ろう」のイベント。その中で友人のクリスティーナが、この滞在で感じたデンマークと日本の違いについて参加者と話す機会を設けました。

実は、このイベントの前日に「日本の学校を見てみたい!」という熱い希望により、地元の小学校へ見学に行きました。ちょうど文化祭の予行演習をしていたので、子どもたちの劇や発表を見せてもらい、休み時間には子どもたちと交流して、学校の様子も見ることができとても喜んでいました。

それぞれ3人の子どもの母親である2人は、日本とデンマークの教育に違いを感じたようです。

「集」を重んじる日本と「個」を重んじるデンマーク

文化祭の予行演習で子どもたちが発表する劇や音楽。それまで頑張ってたくさん練習して、協力し合い、自分の役割を果たします。そこで大切なのは「全員が協力して達成すること」。自分が苦手だからと言って、やりたくないから、つまらないからと言って、それを拒否したり妨害したりすることは許されません。苦手でも嫌いでも頑張って練習し、周りと同じように行動することが求められます。

予行演習を見たデンマークの母親たちは、「おそらくデンマークの子どもたちはこんな風に、皆が同じようにきちんと演技をするのは難しいだろう」と言っていました。なぜなら、デンマークで大切なのは「ひとりひとりが意見を持ち、違う意見を持つ相手を尊重すること」であるからだと言います。皆と同じように行動することよりも、「自分はこう思うからこうする」こと。

集団としての機能を大切にする日本と、個人を大切にするデンマーク。その違いは、教育にも現れます。

社会の一員であるべきか 個人であるべきか

日本の教育で評価されることは、計算力や暗記力、筆記力、読解力。教室ではちゃんと座り授業を聞くこと。その中で自分の意見を主張することはあまり求められません。

デンマークではその逆で、「自分はこう思う」と自分の意見を持つことが大切だとされています。なので授業も幼い頃からディスカッションやプレゼンテーションが用いられ、テストは行われず、成績をつけるのも高校に入る前などある時期に限られます。
個人が尊重されるということは、自分と違う意見を持った相手も尊重するということ。この夏にデンマークの中学校の授業に参加させてもらいましたが、大勢の前で発表したり意見を述べたりすることはもちろん、人の話を聞く姿勢も学んでいるんだなということがわかります。

(写真はデンマークの小学校)

こう書くと、デンマークは日本と違っていいなあー!という空気になりますが、友人たちはデンマークから見た日本のこともとても評価しています。デンマークの学校では個人の主張が激しく、日本のように授業として機能しないことも多々あるそうです。
私もデンマークは自由で(テストもなくて)個人が尊重されていいなぁー!と思いますが、個人事業をしている今、例えば荷物を指定通りにきちんと運んでくれる運送会社や、それを受け取ってくださるお客さまの対応など、日本の組織力や丁寧さ、信頼があって初めて成り立つことはとても多く、同じことをデンマークや海外でしようと思ったらさぞ大変だろうなといつも思います。

最後にクリスティーナは、「日本よりデンマークの方が素晴らしいということではないと思います。ただデンマークは世界で最も幸せな国であると言われていて、その理由の一つは「自分が幸せだと思える」という点が大きいと思います。それは私たちが幼い頃から、「自分は自分であっていい」例え周りと違っても、かけがえのない個人として尊重されてきてこそだと思います」と言っていました。

国や社会がうまく機能して快適に暮らすには、一つ社会の一員として、組織の一員として機能することがもちろん大切です。ただその中で個人が幸せを感じるには、集団の中の一部としてでなく、個人として尊重されることが必要なのだなと彼らの話を聞いて思いました。

それぞれの国の良いところを知り、バランスよく取り入れていくこと。
制度を変えるのは時間もお金もかかり少し難しいですが、身近なところでできることはたくさんありそうです。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村