お人形の不思議な話

最近事務所に新入りがきました。食器ではありません。この青い目の人形です。

私が小さな頃から家にあった西洋人形ですが、そういえばちょっと不思議なエピソードがあったのを思い出して家から持ってきました。

 

体を倒すと眠ったように目を閉じる人形ですが、少し古かったので、片目が閉じにくいお人形でした。母には「A子さん(母の友人)にもらった大事なお人形だから、壊れるから遊ばないで」と言われていたので、私たち姉妹はたまに少し触ったりする程度で、その後は置物としてずっと飾ってありました。

時は過ぎて昨年のちょうど今頃、デンマークにいる私を母とその友人のA子さんが訪ねてきました。いっしょに北欧諸国を旅行した何日かの晩、ホテルで話をしている時にA子さんが言いました。

A子さん:「そういえば、今日博物館に行ったとき思い出したんだけど、私がImayaちゃんが生まれた時にプレゼントしたお人形あったじゃない?」

私:「あ、あのお人形ですか?A子さんからと言うのは知っていたけど、私が生まれた時にいただいたものだったんですか?」

A子さん:「そうそう。うちは二人とも男の子だったから、Imayaちゃんが生まれた時に、女の子たちにあげたいと思ってプレゼントしたのよ」

母:「あーそうだったっけ」

A子さん:「そしてそのお人形ね、私が小さい頃、父が出張のお土産に買ってきてくれたものだったんだけど、その出張先がデンマークだったの。今日博物館で同じような服を着ているお人形を見てハッと思い出したんだけど。あの時はデンマークっていっても何も思わなかったけど、Imayaちゃんが後にデンマークにいるなんてなんだか不思議ね」

以上がその不思議な話です。世にも奇妙な物語を期待した方はすみません。なんのこっちゃいこれだけです。へー奇遇だね!という程度のことですが、私は驚いたと同時に、なるほどーと思いました。

ドタバタの30年だったと思いますが、デンマークに関わることだけはいつも不思議なくらい運良く、スムーズに進むなーと思っていました。そしてどんなに離れても、結局デンマークに行き着くなーとも思っていました。「なんでデンマークなの?」と200回以上は聞かれましたが、「よくわからないけどなんとなく」というのが正直なところで困る質問でもありました。それが、私が最初にもらったプレゼントがデンマークからやってきたものだったということは、何か自分の中で「縁」という一つの答えを見つけたような気持ちになったのです。(だからと言って次から「実は、生まれた時にもらったお人形が‥」とか言いません大人だから)

そんな話をしていた昨年は1年後にこんなことをしているとは思ってもみなかったのですが、今年はデンマークと日本の国交150周年だそうです。この年にデンマークと日本の間でビジネスをスタートすることになったのも、もしかしてお人形が・・ふと思い、守り神として事務所に連れてきました。景気付けにそういうことにしておきます。実際そうであってもなくても、始めるにあたり幸運にもたくさんの素敵な方々に出会い、助けていただいていることは確かですので、そんな風に重なり合っている全ての縁に感謝を忘れないようにしていきたいと思います。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です