難しいけど美味しいデザート

以前、夏にサマーハウスにお邪魔した記事を書きましたが、その時にいただいたデンマークの伝統的な家庭デザートを紹介します。

まず、お庭のベリーを皆で積むところから始まり、

そのベリーと、ルバーブというそのへんに生えている酸っぱい草に砂糖をたくさん加えグツグツ煮込みます。

真っ赤なジャムのようになったら出来上がり!

このデザート、rød grød med fløde(英語:Red porridge with cream赤いおかゆwithクリーム)というのですが、食卓に登場すると、必ず周りのデンマーク人に「言ってみて!」と言われるのが定番です。

デンマーク語のRは、喉からうがいをするように発生するのですが、これが連発するので外国人にはとても難しく、

「ごっ”ゴっ”めふるぅーれ」みたいな感じですが、それも大分違って私もいまだに何が正解なのかわかりません。

それで、お決まりの笑いが起きるのですが、子どもたちが楽しそうに笑ってくれたのでよかったです。

 

そんな「ごっ”ゴっ”めふるぅーれ」は、最後に生クリームをそのままドボドボっと加えて完成!

ほぼ液体みたいな感じなのでどうなんだろうと思いましたが、酸っぱくて、甘くて、クリーミーでとても美味しいです。デンマークで一番好きな食べ物のひとつです。

家庭によって、どんなベリーを使うかとか、何を入れるかが微妙に違って、日本の煮物や味噌汁みたいにその家の味というのがあるんだとか。

午後10時くらいまで明るいので、外で仲良く食べて楽しいひと時でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です