ノーベル賞受賞者が食べるアイスクリーム

昨年10月の初旬に、スウェーデンのストックホルムに滞在していたのですが、ちょうど2016年ノーベル賞受賞者の発表の時期でした

ストックホルムの電光掲示板には、その年の受賞者の絵が代わる代わる時々現れたりして、街はお祝いモード。

13世紀からの中世の街並みが残る市内にある島「ガムラスタン」には、ノーベル博物館があります。

ストックホルムは5日あっても見所がありすぎて、結局ノーベル博物館を見る時間と元気がなかったのですが、「受賞者が食べるアイスクリームが食べれるらしい」と誰かが言ったので、失礼ながら休憩ついでにそのアイスだけ食べに行きました。

館内には併設の素敵なカフェがあり、入場料を払わなくてもカフェには行くことができます。

そして、噂のアイスがこちら

バニラとラズベリーのアイスに、イチゴ、金柑、そしてノーベル賞メダルチョコ。

確か900円ほどだったと思いますが、このチョコレートだけで200円ほどするので、スウェーデンの物価を考えると良心的なお値段です。

アイスだけでなく、このカフェの椅子にもノーベルあるあるが隠されているそう。

知らなかったのですが、アイスを食べていると、向こう側に座っていた人たちが椅子の裏を見出したので「なんなの?」と気になった私たち。

周りに誰もいなくなったのを見計らってそっと自分たちの椅子の裏を見ました。

私が見た椅子は、「益川敏英」「田中耕一」という文字。

歴代受賞者の直筆サインが書かれているのです。

母の友人A子さんの椅子は

2009年Peaceと書いてあります。

B・Oさんなので元アメリカ大統領でした。

 

全部ひっくり返したくなる気持ちはわかりますが、あんまりドッタンバッタンするとお行儀が悪いので、行かれる方はそっと覗いてみてください。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です