クリスマスのデザート

この春に田舎に戻ってきて、この仕事を始めるにあたり「事務所件倉庫」を借りました。その事務所は、私が通っていた小学校のすぐ横にあるビルの一室にあります。なので晴れている日は、かつて20年ほど前に6年間通った同じ道を歩いて向かいます。

あの頃は果てしないと思っていた距離があっという間だったり、心臓破りの坂だと思っていたのが、なだらかーな坂だったり、「こんなことあんなことあったな」とかしみじみ思い出しながら歩くことたったの10分で着きます。
先日、同じ小学校に通っていた友人がこちらに訪ねてきてくれました。
「ここの前に⚪︎⚪︎屋さんあったよね」などと思い出に花を咲かせたのですが、手土産に素敵なものを持ってきてくれました。
ドイツのクリスマスケーキ、シュトーレンです。
なんと友人のお父さんの手作りなんだとか。
せっかくなので、ロイヤルコペンハーゲンのフリセンボーという食器で。
レーズンがたくさん入ってハードな生地。とても美味しくいただきました。
そういえば、デンマークではクリスマスにはシュトーレンのようなケーキは食べませんでした。
デンマークのクリスマスシーズン定番のデザートと言えば、
たこ焼きのようなエイブルスキーバー。
しっとりやわらかく、リンゴの風味のするパンケーキです。
そのままでも甘いのに、これにジャムや粉砂糖やチョコレートをたっぷりかけて食べます。
そのエイブルスキーバーとよくセットで飲むのが赤ワインにフルーツや香辛料、砂糖を入れて煮込んだグルッグ。
そしてクリスマスイブのパーティーで必ず出されるのがこのライスプディングで、お米で作ったプディングにベリーのジャムをかけて食べます。
(出典 http://www.cutecarbs.com)
クリスマスのパーティーは、誰か一人だけアーモンドが入っていて、あたった人にはプレゼントが当たるというのが定番でした。
これは去年のクリスマス、皆でどーだあーだと言ってアーモンドを探し終わったあと。
横のおじさんが見事当たってもらったチョコレートを眺めています。自分のライスプディングに入っていたアーモンドを、横にいた私にそっとくれようとしたジェントルっぷりでした。
そういえば、向こうで「日本人ってクリスマスにショートケーキとかケンタッキーフライドチキン食べるんでしょ?!笑」と言われること数回。
「はい食べますけど何か?」と言いましたが、なんかおもしろいらしいです。
ちなみにデンマークのクリスマスのメインディッシュは七面鳥ではなくポークです。
クリスマスツリーにサンタクロースに赤いデコレーションにプレゼントと、グッズはどこもだいたい同じなのに、食べるものは国によって随分違うのでおもしろいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です