ストックホルムの魅力

住んでいたのでデンマークの話が多いですが、スウェーデンの物も扱っているのでスウェーデンも少しご紹介したいと思います。

まずは首都ストックホルムですが、おしゃれでこじんまりしたコペンハーゲンに比べて、ストックホルムは重厚で威厳があります。

 

中央駅に降り立って外に出た瞬間にその迫力と美しさに圧倒されるのですが、空気もまたデンマークとは少し違っていて、「水の都」と言われるだけあり、みずみずしさを感じます。

威厳があるのに透明感もある、そんな魅力的な都市です。

 

おすすめ①やっぱりガムラスタン

バルト海に浮かぶ14の島から成るストックホルムですが、その中央に位置するガムラスタンという旧市街地があります。

街の発祥は13世紀まで遡るそうで、石畳や路地、古い建物がそのまま残り、時間が止まったような静かでのんびりした場所です。

あんまり良い写真がなくて残念ですが、

どこを見ても素敵。

中世の騎士が歩いていても全然違和感ない雰囲気でした。

魔女の宅急便のモデルにもなった街だそうで、まさにそんな感じのパン屋さんや、こじんまりしたおしゃれなカフェやブティックがあったり、すぐ横には王宮や教会、ノーベル博物館などの壮大な建物もあって、一日ここにいても飽きないかと思います。

 

おすすめ②想像力でオペラ鑑賞

せっかく歴史ある街に滞在するのだからと思いオペラを鑑賞しました。

話がよくわからなくても、オーケストラの演奏や歌声や演出は十分楽しめますし、豪華な空間にいること自体で満足できると思います。

最後はみんなで拍手して、「ブラボー!」と言って高揚感を味わって帰りましょう。

ストックホルムにはいくつかオペラハウスや劇場があり、観劇や音楽鑑賞など、週末の夜を少し贅沢な気分で楽しめます。

一応着替えて行きましたが、ジーパンで着ている人もいたので、向こうでは割と気取らない夜遊びなのだと思います。

 

おすすめ③美しい街を一望できるビューポイント

先ほど紹介した中世の街並みを残すガムラスタンの南に位置するセーデルマルムという大きな島。昔は労働者階級の街だったそうですが、今はヒップスターの街としておしゃれなショップが並ぶ若者に人気のエリアです。

生まれも育ちもストックホルムだという店員さんがイチオシの場所と教えてくれたのがMONTELIUS-VAGENという高台です。

ここからストックホルムが一望できるのですが、海沿いが小道になっていて、ガムラスタンやシティーセンターに立ち並ぶ市庁舎や教会など街並みを見ながら静かにお散歩できます。

あんまり写真を撮ってなくて残念ですが、どこを切り取っても絵になる、品の良い素敵な街です。

普通だったら、1つの地域に1つあるかないかという歴史的な重厚な建造物が、左右前後に永遠にあるので歩いているだけでお腹いっぱいになります。また公共の大学や図書館や公園一つとっても素敵なので、いくら時間があっても足りなかいほど。

日本と違って地震がないのでそのような大きな建物でも残っているのだと思いますが、もう一つ、スウェーデンは第二次世界対戦の際、中立を保ちナチスに侵攻されなかったという話を聞いたことがあります。

これについては「人の命や街を守ることを優先した」という美談と、「ナチスに反抗する他の国を裏切った」という話とどちらも聞いたことがありますが、いずれにせよ自然にも人間にも破壊されなかった街は、どっしりとした変わらない美しさを秘めていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です