見えない思いの力

この仕事を始めてから1年ほどたちましたが、たくさんの人に出会い、助けてもらってとても感謝しています。事業をする時に、「できるだけ人に頼むこと」と教わったのですが、実際に一人ではできないことがたくさんあり、むしろできないことの方が多いです。これまでも、デンマークでの買い付けから、梱包、発送、webショップ、広報、イベント、紹介・応援してくれる人や購入してくれるお客さままで、たくさんの人の力で運営できていて、本当にそうだなとしみじみ思います。
そんな助けて頂いている中の一人が、いつもwebショップの素敵な写真を撮ってくださるカメラマンのhirokoさん。
hirokoさんも同じ地元で、同じ時期に独立され、ご縁があって食器の写真を依頼させてもらっています。
 
 ・
自分で選んだ食器なので、元々素敵だと思った食器たちなのですが、hirokoさんの手にかかるとその写真を持って「これうちの子なんです 」と日本中を自慢して回りたくなるほど、そのモノを輝かせてくれます。
 ・
光は自然光を使い、特別なものを準備したりせずに、その時周りにあるものをさっと使って撮ってくださるので、嫌味のない、作られていない、いつもそこだけにある世界観ができあがります。
 ・
そんなhirokoさん、写真を撮るときに、「かわいい!かわいい〜!」と言ってグラビアアイドルのカメラマン並みに撮るものを褒めながら撮ってくれます。私もたまに一緒になって横から「いいねー!いいよー!」と合いの手を入れて和気藹々と撮影をしています。
そのあと送られてきた写真を観るのですが、そうやって褒められながら撮られた食器は、自信に満ち溢れているなーと感じます。
先日、撮影後にお話をしていたのですが、hirokoさんは「思いがレンズ越しにでちゃうの〜」と可愛く深いことを言っていました。自分が撮りたいとか、可愛い!素敵!と思ったトキメキが、ついついレンズを通して写真に出るのだそうです。だから、写真もカメラもモノも人も、思いって大事なんだねと話していました。
 ・
 私もモノを扱うようになって、日々観察や反省をしていると、hirokoさんの言っていることがなんとなくわかります。「モノにも思いがある」と言ったら薄っぺらいかもしれませんが、私たちが視覚できないことが溢れているというのは確かだと思います。それは特別なものではなく、愛情をかけられて使われたものは、次の持ち主に愛情を注いでくれるんじゃないかというような単純明快なものです。植物も声をかけると成長するとか、水にありがとうというと綺麗な結晶になるとか言いますよね。聞いたときは「そんなわけあるかいっ」と思っていたのですが、そんなことももしかしたらあるのかもしれないなと思うのです。
 ・
 なのでこれを書いていて最近忘れがちだったなーと反省していますが、持ち主から持ち主へ渡るつかの間を預っている私も、思いや言葉を大事にして、hirokoさんみたいにたくさん食器を褒めてあげようと思いました。
 
 ・
そんなhirokoさんのホームページが完成したようですので、ぜひ素敵な写真たちを見てください。
——————————
 クリック応援お願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です