しあわせの国のレシピ〜スモーブロを作ろう〜②しあわせになるための土台は「自分であること」〜

前回書きましたが、デンマークの友人たちによる「スモーブロを作ろう」のイベント。その中で友人のクリスティーナが、この滞在で感じたデンマークと日本の違いについて参加者と話す機会を設けました。

実は、このイベントの前日に「日本の学校を見てみたい!」という熱い希望により、地元の小学校へ見学に行きました。ちょうど文化祭の予行演習をしていたので、子どもたちの劇や発表を見せてもらい、休み時間には子どもたちと交流して、学校の様子も見ることができとても喜んでいました。

それぞれ3人の子どもの母親である2人は、日本とデンマークの教育に違いを感じたようです。

「集」を重んじる日本と「個」を重んじるデンマーク

文化祭の予行演習で子どもたちが発表する劇や音楽。それまで頑張ってたくさん練習して、協力し合い、自分の役割を果たします。そこで大切なのは「全員が協力して達成すること」。自分が苦手だからと言って、やりたくないから、つまらないからと言って、それを拒否したり妨害したりすることは許されません。苦手でも嫌いでも頑張って練習し、周りと同じように行動することが求められます。

予行演習を見たデンマークの母親たちは、「おそらくデンマークの子どもたちはこんな風に、皆が同じようにきちんと演技をするのは難しいだろう」と言っていました。なぜなら、デンマークで大切なのは「ひとりひとりが意見を持ち、違う意見を持つ相手を尊重すること」であるからだと言います。皆と同じように行動することよりも、「自分はこう思うからこうする」こと。

集団としての機能を大切にする日本と、個人を大切にするデンマーク。その違いは、教育にも現れます。

社会の一員であるべきか 個人であるべきか

日本の教育で評価されることは、計算力や暗記力、筆記力、読解力。教室ではちゃんと座り授業を聞くこと。その中で自分の意見を主張することはあまり求められません。

デンマークではその逆で、「自分はこう思う」と自分の意見を持つことが大切だとされています。なので授業も幼い頃からディスカッションやプレゼンテーションが用いられ、テストは行われず、成績をつけるのも高校に入る前などある時期に限られます。
個人が尊重されるということは、自分と違う意見を持った相手も尊重するということ。この夏にデンマークの中学校の授業に参加させてもらいましたが、大勢の前で発表したり意見を述べたりすることはもちろん、人の話を聞く姿勢も学んでいるんだなということがわかります。

(写真はデンマークの小学校)

こう書くと、デンマークは日本と違っていいなあー!という空気になりますが、友人たちはデンマークから見た日本のこともとても評価しています。デンマークの学校では個人の主張が激しく、日本のように授業として機能しないことも多々あるそうです。
私もデンマークは自由で(テストもなくて)個人が尊重されていいなぁー!と思いますが、個人事業をしている今、例えば荷物を指定通りにきちんと運んでくれる運送会社や、それを受け取ってくださるお客さまの対応など、日本の組織力や丁寧さ、信頼があって初めて成り立つことはとても多く、同じことをデンマークや海外でしようと思ったらさぞ大変だろうなといつも思います。

最後にクリスティーナは、「日本よりデンマークの方が素晴らしいということではないと思います。ただデンマークは世界で最も幸せな国であると言われていて、その理由の一つは「自分が幸せだと思える」という点が大きいと思います。それは私たちが幼い頃から、「自分は自分であっていい」例え周りと違っても、かけがえのない個人として尊重されてきてこそだと思います」と言っていました。

国や社会がうまく機能して快適に暮らすには、一つ社会の一員として、組織の一員として機能することがもちろん大切です。ただその中で個人が幸せを感じるには、集団の中の一部としてでなく、個人として尊重されることが必要なのだなと彼らの話を聞いて思いました。

それぞれの国の良いところを知り、バランスよく取り入れていくこと。
制度を変えるのは時間もお金もかかり少し難しいですが、身近なところでできることはたくさんありそうです。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

しあわせの国のレシピ~スモーブロを作ろう~

いつもは行く側ですが、先月は海外からの来客があり、忙しくも楽しい月となりました。

デンマークの友人親子が2組、私の家に遊びに来てくれて、せっかくだったら日本でデンマークを紹介したり日本の人たちと交流するイベントをしよう!というエネルギー溢れる彼らと相談し、小さなイベントを開催しました。それが、

「しあわせの国のレシピ~スモーブロを作ろう~」の会。
youtubeでも紹介したデンマークの国民的フード、スモーブローを作り、「しあわせの国」と言われる彼らが暮らすデンマークの社会や文化についてお話をしてもらう会。

参加費500円の小さなイベント…と思っていましたが、当日のメニューは

・前菜 (ニシンの酢漬けとライ麦のクラッカー)
・オープンサンド① (ジャガイモとオニオンフライ)
・オープンサンド② (卵と海老)
・オープンサンド③ (チキンサラダ)
・デザート(チョコレート、チーズの盛り合わせ)

飲み物三種(デンマークの蒸留酒スナップス、手作りエルダーフラワーのジュース、ノンアルコールビール)

さらにデンマークからのお土産と本当に盛り沢山!
彼らはこの重たい材料をわざわざデンマークから持ってきてくれました。(ジャガイモまで持ってこようとして税関で取られたらしい)

「自分たちが好きで楽しんでやってるから!」と言って。

スモーブローの作り方の他にも、デンマークのクイズあり、子どもたちによるデンマークの歌あり、参加者全員でクリスマスのダンスあり、教育のお話ありととても盛り上がり、お腹も心もいっぱいの時間となりました。

参加者の方々からも「楽しかったー!」というお声を頂きました。

デンマークで食器だけでなく素敵な彼らと出会うことができ、今回はその出会いを日本の方にもシェアすることができ、とても嬉しく思いました。

また彼らと日本のどこかでデンマークを紹介するイベントをしたいと思います(ご招待歓迎します)

今回のイベントで、とても興味深いお話があったので、次回のブログでご紹介します。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

魔女を燃やすお祭り??デンマークの幻想的な夏至祭 サンクトハンスアフテン (デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #16

1年で最も日が長い夏至の日。長い冬の長い夜を過ごしてきた北欧の人たちにとって、最も太陽の光を浴びることができるこの日は特別なもの。魔女を燃やし、歌を歌って魔を払い、一年の五穀豊穣を願います。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

Imaya travel #3 北欧レシピ「デンマークのオープンサンド・スモーブローの作り方」

「デンマークや北欧って食べ物美味しいの?」

とよく聞かれることがあります。

答えは、YESです。

やっぱり日本食はバラエティも豊かで、健康で、繊細で飽きないし最高ですが、

北欧の食事も美味しいです。そして見た目も食器もおしゃれで見ていて楽しくなります。

北欧レシピの第一弾は、デンマークの料理の代名詞とも言えるsmørrebrød「スモアブロ」

オープンサンドと聞くとカジュアルに手で掴んでかぶりつくのかなと思いますが、

スモアブロはどちらかというとフォーマルな食事として、何かのお祝いやパーティーで、きちんとテーブルに座り、ナイフとフォークで食べるようなものだと知りました。

北欧ならではの食材も出てきますので、どうぞご覧ください。

 

クリスマスの掟 家族で選ぶ今年のツリー

こんばんは。

いま今年4回目のデンマークに来ています。12月のデンマークは暗く、寒い。4時くらいには薄暗くなり、雪は降らないものの芯から冷えるような寒さになります。

でも、そんな冬を生き抜く人々にとって希望の光、それがクリスマス「Jul(ユル)」です。12月に入るとクリスマスランチやらホットワインを飲むパーティーやら毎週(毎日)のようにイベントがあり、気分を盛り上げます。そんな北欧の人たちにとって、なくてはならないJulですが、国や家族によっていろいろと伝統やルールがあって面白いのでいくつかご紹介していきます。

毎年恒例のクリスマスツリー狩り

クリスマスに欠かすことができないもの、それがクリスマスツリーです。日本でも多くのファミリーが飾っていると思いますが、ツリーにかける意気込みが違います。

ルール①ツリーは本物であるべし

この時期町のあちこちでクリスマスツリーが販売されています。

小さいのから大きいのまでいろいろありますが、ほとんどのファミリーが本物を買うそう。普段は合理的なデンマーク人だから、毎年使えるプラスチックが普及しそうですが、ここは伝統第一で譲れない模様。モミの木はクリスマスが終わった26日に、一斉に捨てられます。

ルール②ツリーは家族皆で狩りにいく

ここからは私の友人の家族の伝統ですので全てのデンマーク人に当てはまるものではありませんが、このファミリーは毎年必ず親族皆でツリーを狩りに行くそうです。

もみの木がたくさんある森。りんご狩りのようにそこから好きなもみの木を選んで自分で狩るシステム。街で買うより安く、自分で選べるのが醍醐味です。先日私も一緒に連れていってもらいました。

ルール③ツリー狩りには全員Nissenの帽子を被る

さっきの写真でもうお気づきだと思いますが、このファミリーのもう一つのルールは、皆赤い帽子を被ること。北欧にはサンタクロースの他に、キリスト教が入る前の独自のキャラクターNissenという小人も、クリスマスの主人公です。

友人のお母さんが毛糸から編み、それをフェルトにして作った手作りの帽子必須で、4家族総勢15人ほどがNissenになります。(私も否応なしに被りました)

皆で、これがいいやらあれがいいやら相談しながら良い木を探します。

広い森でもすぐ自分の家族を発見

目星をつけたら帽子を被せて

家族が同意すればノコギリで切ります。13歳の男の子がおじいちゃんの伝授で初挑戦。大人への一歩。

無事に切れたらえっさほいさと運びます。森で会ったら本物の小人かと思いそう。

「今年も良い木がとれたね〜」

木を網に入れる道具にかけて

車に積んで(そのまま!!)

無事に良い木がとれたので、一休み

温かくて甘いホットワインと

それぞれが作ってきたクッキーやパンを食べました

 

これぞHygge。おとぎ話のようなシーンの連続でした。

子供の子供まで、家族の素敵な伝統が引き継がれますように。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

コペンハーゲン:船の上の生活

9月末から10月半ばまでデンマークに買い付けに行っておりましたが、あっという間に一ヶ月が経ちました。ブログを更新しなければしなければと思いつつ後回しに。。

今回の旅行も、たくさんの素敵なものや人に出会った良い旅でした。好きなことを仕事にして、行きたいところに行って人と出会って、なんて良い生活とよく言われますが本当にそうだと自負しております。

今回も素敵な人とお家を訪ねましたが、中でも印象的だったのはこちらの「船上の家」です。

運河の多いコペンハーゲン。こんな風に船があちこちにあり、漁業用の船とか、観光用、家庭用などいろいろありますが、その船に住んでいる人もいるのです。

ちょっと中を覗いてみましょう。

北欧モダンのダイニングキッチンに

光の入るリビングルーム

テラスではガーデニング

眺めも最高です

「船で生活」と聞いたらある程度狭いのだろうなと思っていたのですが、他にもベッドルームや作業室、バスルームがあり、全く不自由はないようでした。

DIYの得意なデンマーク人、内装だけでなくボイラーや電気、配管まで、彼氏さんがしたそうです!

お天気の良い日には、船からどぼんと飛び込んで泳ぐんだとか。

いろんなスタイルや生活があるんだなと、デンマークにくるといつも世界が広がります。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

Nomaの元シェフが考案した行列のできるラーメン屋 in コペンハーゲン

デンマークやヨーロッパって何食べるの?美味しいの?

ってよく聞かれるのですが、簡単に言うとパンとジャガイモとサーモンとカレイとニシンとエビと豚肉です。これらがローテーションでいろいろな形で出てくる感じで、お客さんが来るパーティーやクリスマスなどの行事には美味しいものがありますが、日本ほど種類もなく、家具やキッチン用品ほど食に対するこだわりはないのかなという感じです。

コペンハーゲンにはNomaという世界一のレストランがあったりして、見た目も美しい料理を出すところもあるのですが、外食は基本的に高いので、それほど外食産業も発展しておらず、特にデンマークに行ったらあれ食べに行きたいとかはないなー…

と思っていたのですが!

1週間のうちに2回行ってしまったお店ができてしまいました。

それが、我らが日本のラーメン屋なのでした。

Nørreport駅から徒歩5分ほどの市内中心部にあるSlurp Ramen Joint。去年オープンしたとのことで、私が住んでいた時にはなかったのですが、いつも満員らしく、寒い中外で待つ人もちらほら見受けられました。

シェフはデンマーク人で、あのNomaでも働いていたそう。

東京にも少しの間勉強しに来ていたそうです。

メニューはシンプルに、塩と醤油と味噌ラーメン

135デンマーククローネなので、一杯約2400円。デンマークの物価だと普通な感じでしたが、日本円に直してみると高い!日本で2400円のラーメンなんてないですよね。約3倍のお値段です。

一回目が塩ラーメン

麺はデンマークでとれたオーガニック小麦を使用して、材料も地産地消なんだとか。スープはさっぱりしていて、豚肉も日本の焼き豚とは少し違う、ラーメンだけどラーメンじゃないファッショナブルなラーメンでした。

パンやジャガイモばかりだから余計なんですが、もう一度食べたくなって1週間後に行った時は醤油ラーメンをオーダーしました。

スープはコクがあって、お肉の上に乗っているのがマッシュルームのペーストだそうで、良い感じに味もおしゃれになっていました。

味噌はピリ辛で、そちらも美味しそうでした。

これはハマチのなんとかですが、日本人だったからかサービスしてもらいました。彩りも綺麗です。

多分東京とかで学んだんだと思うのですが、普通のデンマークのレストランだったら絶対言わないような「ヘイ!お味はどうでしたでしょ?」「またどうぞおこしくださいませー!」というような挨拶や、いちいち料理の説明を入れるホスピタリティーなんかは日本風でした。

デンマークでも日本食は健康食として人気でいくつかレストランもあるのですが、日本人がやっていない似非日本食や、日本人がやっていても結局日本のレストランの方が美味しいのであまり行かなかったのですが、こちらはデンマーク風に進化していたので楽しめました。

世界一のレストランNomaは予約が半年〜1年待ちなど難易度が高いので、ぜひ、味も見た目もノルディックになった新ラーメンをトライしてほしいと思います。

 にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

北欧のモダンファミリー

先日、念願のwebショップがオープンしました。嬉しくて、今年89歳になる祖母が遊びに来た時に「これが今の骨董屋やよ!」と自慢すると、祖父と小さな商店をしていた祖母は(今も一応1人で店を開けているのですが)、「時代は変わったもんやねぇ~」と目を丸くしていました。インターネットでたくさんの人に見てもらえるけど、これこれこういうデメリットもあるよと言うと、「なんでも一利一害やねぇ~」としみじみ言っていました。

そんな祖母が最近私に会うと必ず「あんた、商売もいいけどいつ結婚するがいね!」と言ってきます。

「はーい!」と適当に流す私はもうそんなに若くないのですが、実際あまり焦っておらず、自分なりの形を見つければいいと思っています。

 

  • 2組に1組が離婚するデンマークの夫婦

最近は日本でも事実婚や週末婚など、家族の新しい形が話題になっていますが、デンマーク人と会話していてよく驚くのは、そんな、モダンファミリーのあり方です。離婚率が約50%、2組に1組が離婚しているということですが、私の体感離婚率は、80%ほどで、ほとんどの友人ファミリーが離婚、再婚しているように思います。

ここまで離婚が一般的になると、当然デンマーク人も離婚をごくごく普通のことだと思っているので、話す方も聞く方も、ドギマギする雰囲気にはなりません。ただ、男女が別の道を歩んだだけのこと。

普段の暮らしに、日本だったらちょっとびっくりするようなシチュエーションが出てきます。

  • 結婚していないパパとママ

例えば、私が学生の頃ホームステイした家の同い年くらいの女の子は、「うちのママとパパは結婚してないの!」とサラッと言っていました。要は事実婚だという訳なのですが、そのパパとママはとっても仲良しで、学生の私には驚きだったのを覚えています。

  • 隔週で両親の家を行き来する子ども”delebørn”

6才の女の子のベビーシッターのバイトをしていた時、その子の両親は離婚していました。女の子は1週間ずつ、パパの家とママの家を交代で過ごしていました。例えばお母さんの家からお父さんの家に交代する日は、朝お母さんと学校に登校し「また来週ね」と別れを告げます。夕方迎えにくるのはパパなので、両親は最悪離婚して仲が悪くても顔を合わせなくてすむのです。子どももどちらかの親に会えないということはありません。それをデンマーク人の友人に言うと、「あぁ、ディーレボーン(delebørn)ね!」と名前もついており、離婚後どちらかに引き取られるのではなく、両親の家を行ったり来たりする子どもは珍しくないのだそうです。

  • ごちゃまぜファミリーのクリスマス

離婚後、再婚などするともっとややこしくなっていくかと思いきや、それはそれでビッグファミリーとして成り立っているように見えました。

以前友人のクリスマスパーティーについていくと、家には20人くらいの人がいました。誰が誰か紹介する余裕もなく始まったので、隣の人に挨拶すると、その女性は私の友人の”姉の旦那さんの前の奥さんの娘”でした。血が繋がっている人もいない人もいっしょに揃って楽しそうにクリスマスを過ごしているのは、それはそれで家族が増えて楽しそうに見えました。

ただ、やっぱり綺麗なことだけではなく、嫉妬やひがみもあるんだとか。

  • 元旦那の奥さんともクリスマス

友人のBさんは60代後半の女性で、2回離婚をして現在は1人で住んでいます。でも、クリスマスはいつも前の旦那さんの家で過ごすそう。その元旦那さんは再婚しているようで、「今の奥さん嫉妬しないの?」と聞くと、やっぱりBさんに嫉妬しているそうです。そうすると旦那さんは、今の奥さんに「嫉妬しないで。Bは妹みたいなもんなんだから」とBさんを庇うそうです。そんな、日本だったらドロドロになりそうなシチュエーションも、笑って聞けるのがおもしろいなと思います。

  • 人類皆家族

もっと進んだファミリーもいました。友人Dさんには7歳の娘ちゃんEちゃんがおり、よく一緒に連れているのでその子は知っていました。知り合ったばかりの頃、Dさんの家に招かれて行くと、その7歳のEちゃんに加え、ティーンの女の子が2人、またEちゃんと同じくらいの男の子がいました。ティーンの子たちだけだいぶ歳が離れていたのでこれはデンマーク式モダンファミリーだなと察したのですが、やはりそうで旦那さんの前の奥さんの子どもらしく、その子たちもママとパパの家を交互に滞在しているそうです。

後日、子どもたちのお土産の相談をしていたところ「あ、実はあの男の子は私たちの子ではないの」と言いました。

「あの子は旦那の元カノの子なのよ」とにっこり。

旦那さんの前妻の子ということまではなんとなく予想できたのですが、旦那の子でさえないとなると、さすがに私も脳みそグルグルになりそうで、それ以上は聞きませんでした。と言っても全く気まずさや嫉妬を感じさせない言い方だったので、聞けば答えてくれるのだと思います。男の子は時々Dさんの家にきて、家族のように過ごすそうです。

7歳の女の子はその男の子をお兄ちゃんだと普通に思っているようで、「私はお姉ちゃん2人とお兄ちゃん1人いるの!」と自慢していました。Dさんも、日本に遊びに来た時はEちゃんを連れてきたのですが、お土産はティーンの女の子2人と、その男の子にも買っていました。

旦那さんの前の奥さんの子どもと過ごすだけでも日本では十分レアなファミリーに入るところですが、そこに旦那とも血の繋がらない元カノの子どもも入るとなると、もう皆家族なんですね!という気になってきます。

そんな環境で育ったからなのか、Dさんの娘さんのEちゃんは、とてもオープンマインドで明るく、人種が違う私にもさっと馴染んでくれるとても可愛い子です。

  • 「いろいろあって当たり前」という余裕

デンマークでも、全てが理想通りに行くわけではなく、決して綺麗なことだけではないのですが、いいなと思うのは、「生きてたらいろいろあるよね!」と、幸も不幸もどんな状況も、いろいろあって当たり前だという寛容さです。今日の話も見方によっては悲劇になり得ることが、なんとなく喜劇に見える、そんな余裕や安心感がいろんな面で感じられます。

その余裕は、家具や食器、インテリアやデザインなど今の北欧のいたるところで見られる物や人や暮らしの根幹となっているように思います。

その寛容さは、どこからくるのでしょう?海を切り開いていったヴァイキンの血筋なのか、厳しい自然と共存する上で生まれた思想なのか、他にもいろいろな背景があるのでしょうが、デンマークでも40年ほど前までは、女は家庭に入り、子どもは学校で暗記テストをするという考えが浸透していたようです。

とすると、今の余裕の大半は、社会のシステムからくることが大きいのだと思います。離婚の際、日本では子どもの養育費などが問題になることが多いようですが、教育や医療費など、人が生きていく上で最低限必要なことは国がしてくれるので(税金ですが)、家族の負担になりません。女性も男性も子育てをしながら働く環境が整っているので、必要以上に依存し合う必要がありません。

両親が子どもの荷を、子どもが両親の荷を、夫婦がお互いを背負う必要がないので、常に自由な選択肢を持ちながら、しがらみなく生きることができる、そんなところは大変羨ましいと思います。

  • 「なんでも一利一害」だけど…

ただ、アジアなんかから移住した外国人はよく「デンマーク人は冷たい」と言います。とても自立しているので、家族であっても友人であっても必要以上に助け合ったりしないからなのでしょう。

まさに、おばあちゃんが言ったように「一利一害」ですね。

歴史的にもヨーロッパは個の文化、アジアは集団の文化と言われ、どちらが優れる劣るということではないのでしょうが、日本のようにある程度発展した国であれば、「何が理想なのか」を追求し、少しずつ変えていくことはできるのではないかと思います。

私は、社会が変わるのを待っているうちにお婆さんになってしまっては困るので、今は結婚や会社にできるだけ縛られることなく、自由に選択していける道を、自分から作る以外にありません。という理由をつけて、祖母には「結婚はある程度自立してから!」と答えていますが、祖母はちょっと意味不明という顔をしていました。そんなこと言っているうちに誰ももらってくれんくなるわーという感じでしょう。(それはありえる)

長くなりましたが、皆さんはどう思われますか?

理想の結婚や生き方は人それぞれだと思いますが、どんな選択肢でも受け入れられる余裕が広がるといいなと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

 

iPhoneから送信

行く年来る年は女王のスピーチ「違いを受け入れる」(2017)

お久しぶりです。
久しぶりに過ごした北陸の冬でしたが、今年は本当に雪が多く、ひきこもっているしかない冬でした。もしかしたら北欧よりも光の摂取が少なかったかもしれません。庭の木は倒れ、除雪車が詰んだ雪山は数メートルにもなっていました。雪山を見ると、学校の帰りに登っては友達と落とし合いをしたり、スキージャンプの真似をしたりとぐちゃぐちゃになって遊んでいたことを思い出します。今でも雪山を見ると血が騒ぐのですが、そんなことしている子どもは一人もみかけませんでした。

 

さて、つい数日前にデンマークの女王の夫のヘンリック殿下が83歳で亡くなったというニュースを見ました。王室が大人気のデンマークですので、今週はきっとこの話でもちきりだと思います。

デンマークのマルグレーテ女王は「国民に近い女王」と言われ、とても人気があります。
いろんなところに出かけて国民と接したり、タバコを吸ったり、足を組んだり、アートやデザインに長けたりと、飾らない気さくな女王様だそうです。大晦日の夕方には毎年スピーチをするのですが、その時間は子どもも大人もテレビの前に座り、じっと女王の言葉に耳を傾けます。
私も一昨年の大晦日には友人家族とスピーチを見ていましたが、国民にとって、自分たちとは別格の見上げるような存在ではなく、尊敬する自慢のリーダーなんだなと思いました。政治には直接関わらないけど影響力のある存在。ホグワーツのダンブルドア先生のような感じでしょうか。

2017年大晦日のスピーチが出ていたので、冒頭を少し紹介したいと思います。

————————————————————————————————————
年々、時間が過ぎるのが早くなるように思います。
子どもの頃は、クリスマスイブの朝目が覚めてから、その夜皆でクリスマスツリーを囲むまでの時間が永遠のように感じました。クリスマスから大晦日にかけての日々は、とてもせわしなく進みますが、大晦日にコペンハーゲン市庁舎のベルに耳を澄まし、町中に花火が咲き乱れるまでのその時間はまたゆっくりと進みました。
1年のこのひとときを特別なものにするものはおそらく、「期待できるうれしさ」でしょう。
この時間には、皆で集まれるうれしさや、新たな希望と力を新しい年に抱くうれしさがあります。
とは言え、この日まで厳しい時もあったことと思います。私たち皆にとって、起こる全てのことが喜びに帰するわけではありませんから。

人々は皆、違います。デンマークは、個人の能力、 才能、仕事においてその違いを必要とします。
ある人は計算が得意でしょうし、テクノロジーについてとても詳しい人もいます。
顧客を引きつけビジネスに長けた人がいれば、教えることが得意な人、子どもやお年寄りや病気の人をケアすることができる人もいます。本を読み更けて世界を広げることを好む人、自分の手であっと驚くようなものをつくりあげる人もいます。
どの人の方が他より優れているとかすごいということはなく、私たち皆にとってその全てが必要です。

私たちは一人として例外なく、自分のできることをして生きています。
経済危機も、皆連携をして振り払いました。国のあちこちで、活気あふれる活動が行われました。
経済成長の時代には、皆の力が必要ですし、実際は国外の人々も必要です。
歴史を通して、デンマークでは優秀な技術や頭脳を国外から借りてきており、たくさんの人々が働きにきていました。彼らを必要としていたのです。そして今も変わらず、必要としています。例えば、農業や、ホテルやレストランで従事する人かもしれませんし、特別な知識を持った専門家もそうです。

それは単に人手不足だからということではなく、デンマークがこれまで培ってきたあらゆる分野での活躍を今後も維持するためにも、国外からのアイディアやインスピレーションが必要だからです。ちょうど私たちがこれまで世界をインスパイアしてきたように。

デンマークが得た高い評価は、伝統と、あらゆる時代の人々がもたらした変革によるものです。これまでもずっとそうしてきたように、デンマーク人として決して揺らぐことない、自分たちらしさを貫いていきましょう。(つづく)
————————————————————————————————————

このあとは家族や生活についてにフォーカスした話になり、また機会があれば紹介したいと思います。
スピーチでは、あまり政治的なことは言ってはいけないようですが、社会情勢からデンマークでも移民排斥などの保守的な思想が増えているのもあり、多様性を受け入れる大切さを国民に説いているのだと思います。個人的な予想ですが、アメリカのト⚪︎ンプ政権や保守的・閉鎖的になりつつある各国の状態を受けて、デンマーク人としてあらゆることにオープンな姿勢を強く保っていてほしいと願っているのかなと感じました。

一昨年のスピーチでも最初に、世界のテロを受けて恐怖に屈しないように、そして隣人を排斥せずに受け入れる努力をするようにというようなことを言っていたと思います。
上からではなく国民に寄り添って話りかけるような優しいスピーチです。今年で78歳だそうですが、毎年スピーチを楽しみにしている国民の期待に末長く応えてほしいものです。

ちなみに、スピーチを聞いたあとは、皆で食事をし、大人はシャンパンを片手に議論を始め、子どもたちは花火の準備をしにいっていました。0:00に皆で椅子の上など高いところから飛び降り、家庭用とは思えない地方のお祭り級の大きな花火を近所中が打ち上げていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

ストックホルムの魅力

住んでいたのでデンマークの話が多いですが、スウェーデンの物も扱っているのでスウェーデンも少しご紹介したいと思います。

まずは首都ストックホルムですが、おしゃれでこじんまりしたコペンハーゲンに比べて、ストックホルムは重厚で威厳があります。

 

中央駅に降り立って外に出た瞬間にその迫力と美しさに圧倒されるのですが、空気もまたデンマークとは少し違っていて、「水の都」と言われるだけあり、みずみずしさを感じます。

威厳があるのに透明感もある、そんな魅力的な都市です。

 

おすすめ①やっぱりガムラスタン

バルト海に浮かぶ14の島から成るストックホルムですが、その中央に位置するガムラスタンという旧市街地があります。

街の発祥は13世紀まで遡るそうで、石畳や路地、古い建物がそのまま残り、時間が止まったような静かでのんびりした場所です。

あんまり良い写真がなくて残念ですが、

どこを見ても素敵。

中世の騎士が歩いていても全然違和感ない雰囲気でした。

魔女の宅急便のモデルにもなった街だそうで、まさにそんな感じのパン屋さんや、こじんまりしたおしゃれなカフェやブティックがあったり、すぐ横には王宮や教会、ノーベル博物館などの壮大な建物もあって、一日ここにいても飽きないかと思います。

 

おすすめ②想像力でオペラ鑑賞

せっかく歴史ある街に滞在するのだからと思いオペラを鑑賞しました。

話がよくわからなくても、オーケストラの演奏や歌声や演出は十分楽しめますし、豪華な空間にいること自体で満足できると思います。

最後はみんなで拍手して、「ブラボー!」と言って高揚感を味わって帰りましょう。

ストックホルムにはいくつかオペラハウスや劇場があり、観劇や音楽鑑賞など、週末の夜を少し贅沢な気分で楽しめます。

一応着替えて行きましたが、ジーパンで着ている人もいたので、向こうでは割と気取らない夜遊びなのだと思います。

 

おすすめ③美しい街を一望できるビューポイント

先ほど紹介した中世の街並みを残すガムラスタンの南に位置するセーデルマルムという大きな島。昔は労働者階級の街だったそうですが、今はヒップスターの街としておしゃれなショップが並ぶ若者に人気のエリアです。

生まれも育ちもストックホルムだという店員さんがイチオシの場所と教えてくれたのがMONTELIUS-VAGENという高台です。

ここからストックホルムが一望できるのですが、海沿いが小道になっていて、ガムラスタンやシティーセンターに立ち並ぶ市庁舎や教会など街並みを見ながら静かにお散歩できます。

あんまり写真を撮ってなくて残念ですが、どこを切り取っても絵になる、品の良い素敵な街です。

普通だったら、1つの地域に1つあるかないかという歴史的な重厚な建造物が、左右前後に永遠にあるので歩いているだけでお腹いっぱいになります。また公共の大学や図書館や公園一つとっても素敵なので、いくら時間があっても足りなかいほど。

日本と違って地震がないのでそのような大きな建物でも残っているのだと思いますが、もう一つ、スウェーデンは第二次世界対戦の際、中立を保ちナチスに侵攻されなかったという話を聞いたことがあります。

これについては「人の命や街を守ることを優先した」という美談と、「ナチスに反抗する他の国を裏切った」という話とどちらも聞いたことがありますが、いずれにせよ自然にも人間にも破壊されなかった街は、どっしりとした変わらない美しさを秘めていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村