初夏の北欧のHYGGEな過ごし方

今年2回目の買い付けに来ています。

5月中旬から7月にかけては、日も長くなり、春と夏が一気に来るデンマークで最も良い季節。

長い冬を耐えた草木もやっと太陽の光を浴び、待っていましたとばかりに一気に芽吹きます。

せっかくお天気も良く気持ちの良い季節なので充実した日々にしたいところ。

旅行や日々の理想の過ごし方は皆それぞれだと思いますが、今回は私流のこの時期を楽しむ理想の1日の過ごし方をご紹介します。

①時差ボケで早起きする 6:00 a.m.

日本とデンマークの時差は7時間。最初の2、3日は夕方眠くなり、夜中の2時や3時に目覚めてしまいますが、できるだけ工夫をして早めに起きるのがベスト。

この時期は日の出も早く鳥のさえずりとともにすっきり目覚められます。

②フリーマーケットへ行く  8:30 a.m.

今回はちょうど金曜日に着くフライトだったので、朝早めに目覚めると翌日早速ラッキーなことが。この季節、土日になると朝からフリーマーケットが開催されているのです。

だいたい9時頃からスタートで、お昼くらいになると混み合うので朝一で早めに観に行くのがベスト。

可愛いものがたくさんあります。わくわく

③カフェで一息 10:30 a.m.

1日中いられそうなフリーマーケットですが、だいたいものと人混みに疲れてしまうので、欲張らず直感に従ってぱっと買い付けをすましてカフェで一息。

週末はブランチをやっているカフェもたくさんあります。

好きなカフェでコーヒーのみながら買ったものを広げて眺める至福のとき。

④お昼まで街をプラプラ 11:30 a.m.

土曜日はお店のオープンが遅めなので、少し街をプラプラします。

今回のフリーマーケットはコペンハーゲン近郊でもハイソなフレデリクスベアという街だったので、ブティックやオープンカフェが立ち並び、お散歩するだけで楽しいところ。

⑤お気に入りのアンティーク・ヴィンテージショップに行く 13:00 p.m.

午後は行きたいお店に直行します。買い付けというと、1日に何軒もまたぐイメージがありますが、私はだいたい1日に2件ほどにしています。たくさん見すぎて疲れてくると、安いからという理由でいらない買い物をしがちなので、その日にターゲットのお店と予算を決めて、その範囲内で探すと良い買い物ができます。

この日は、行きつけのヴィンテージ服のショップに行きました。

服のことよく知っていて、どの形がどの時代のものかなども教えてくれて、おまけもたくさんしてくれる大好きなおじいさんのショップです。

お店の人とお話するのも買い付けの醍醐味です。

⑥友人とお茶 15:00 p.m.

両手も脳みそもいっぱいになったら、買い付けはキリよく切り上げます。いったん荷物を置いて友人とお茶。天気が良いとデンマーク人はこぞって外に出たがるのでテラス席もたくさんあります。

⑦サマーハウスでまったり 18:00 p.m.

この日は友人のサマーハウスへ。良い季節を存分に味わうため、多くのデンマーク人が郊外のビーチや自然豊かな場所に、サマーハウスを持っています。

今の日の入りは9時過ぎでした。ビーチに行ったり庭でバーベキューをして、まったり過ごします。

以上、私のお気に入りの初夏の過ごし方でした。

世の喧騒なんて忘れてしまうのんびりした至福のひと時。この時期の北欧は真夏ほど航空券も高くなくおすすめです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

旅する北欧食器①:ホルムガード(ガラスメーカー)

前回『買い付けの極意』で、買い付けでは現地の人に聞く!という極意というほどでもないより良いものを発掘する方法ご紹介しました。

先月の買い付けで、まさにそんな風に出会ったものがあります。

友人の息子さんの自宅にお呼ばれされた際、私がデンマークのヴンテージやアンティークを扱っていると知り、「僕のコレクションも見せてあげるよ」といくつか見せてもらいました。

これはどこどこのフリーマーケットで買ったとか、知らなかっやブランドを教えてもらい、「これ記念にあげるよ」といただいたのがこちらの花瓶

ぷっくりしたフォルムが可愛らしいホルムガードというガラスメーカーの一輪差しでした。デンマークの家庭では出窓のところによくガラスの花瓶がちょこんと置いてあります。

カーテンのない大きな窓のお家が多いので、春夏には光を通してとても綺麗だからかもしれません。さすが、光にこだわるデンマーク人ならではです。

 

亡き夫の未練を果たした王室御用達ガラスブランド

ホルムガードのもらった花瓶が可愛かったので、少し調べてみました。

ホルムガードとは、デンマークの地名です。コペンハーゲンから南西に70キロ、車で1時間ほどの田舎です。

近くにはNestved市があり、こちらはコペンハーゲンのベッドタウンとして商業都市として栄えています。私は行ったことがないのですが、入江や小さな島々にはお城や邸宅があり綺麗なところのようです。

出典:visit Denmark

12世紀に修道士が農民にレンガ造りを教えるため、ここホルムゴードという沼地・湿地帯にやってきました。それまで農業や漁業が中心の貧しい国だったデンマークにとって、レンガ造りに必要な泥や、火を燃やす泥炭がとれるホルムガードのような地は、初期のデンマーク工業においてとても重要だったそう。

その300年後にこの辺の農場を集めて現在も残るホルムガードゴッド(Holmgård Gods)という大きな建築物が建てられます。

出典:Holmgaard Gods

15世紀にこの地を買収したサムスー伯爵(Danneskiold Samsøe)は、ここの湿地を生かしてガラス工業を設立したいと王に許しを請いますが、許可されることなく亡くなります。

夫の死後、サムスー伯爵夫人が亡き夫の未練を果たし、許可を経て設立したのがガラスブランドのホルムガード。

これが伯爵夫人だそう。 Holmgaard

さすが、女性の社会進出が早いデンマークはこの頃からなのでしょうか。

1825年設立以来、デンマーク王室御用達ブランドとして、今でも多くの花瓶やグラスを生産しています。

今回入荷した小さな一輪ざしは1960年代のヴィンテージです。

少し分厚めのぷっくりしたフォルムと、淡いブルーの色合いがとても可愛らしい一品です。

光を取り込み、季節や入れるものによっていろんな表情を楽しめます。今回は3つしか買ってこなかったのですが、先ほどオンラインショップに商品をアップしましたので、ご興味あればのぞいていただければ幸いです。友人がくれた奥の丸いのは販売しておりません。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

買い付けの極意 

先月も行ってきたデンマーク旅行ですが、なんともワクワクがとまらないのはやはり買い付けです。いろんなヴィンテージショップやアンティークショップに行くのですが、ワクワクしすぎるのが少し難点でもあります。

例えば新しいお店を見つけて入って、

こんな感じでお宝があると、脳内がパンクして何から手をつければいいかわからなくなります。みなさんも大好きなものがたくさんあるお店を見つけた時など、そんな感じになりませんか?

それはそれでいいのですが、買い付けに頭と目がいっぱいになって、1時間ほどで疲れてしまうのと、じっくり他のまだ見たことのないものを探す余裕がないというのが難点です。

そこで、あんまりガチガチになりすぎずに素敵なものを発掘する良い方法があることがわかりました。

それは、「デンマーク人のお宅にお邪魔する」あるいは「デンマーク人に聞く」です。

   

基本的にデンマーク人はデザインやインテリアにこだわりがあり、また古いものをフリーマーケットなどで購入して使うということに慣れていて、お宅におじゃますると古いものと新しいもの、趣味とこだわりを上手にミックスしたそれぞれ違った世界観があります。

「これいいですね」というと、「それはフリーマーケットで1000円で買ったんだ!」とか、「これはデンマークの ◯◯っていうブランドのものよ」「あそこにいいお店があるよ!」とか、そんな感じで教えてくれるのでとても参考になります。

「郷のものは郷のものに聞く」

というのが私の買い付けの極意です。極意という割に普通でした。でも日本の焼き物にしても、電化製品にしても、結局日本人がいちばん多く見てきているし、情報も圧倒的にあるので知っています。そして外国人に「日本の良いものを知りたいんだけど」というと、自国の良いものをいろいろ教えたくなりますよね。

私もなかなかできなかったのですが、買い付けだけでなく海外に行って買い物や食事をする際には、積極的に店員さんや現地の人とコンタクトをとってみることをおすすめします。英語が喋れなくても、イッツベリーグッド!とか、笑顔で美味しい!って言うだけで、悪い気はしないのでお互いに良い思い出になります。良い思い出になれば良い国だなと思えて、また訪れたり、交流が広がっていくかもしれません。私も最近は変なやつって思われてもいいや!と思ってなるべくポジティブにしゃべりかけるようにしています。

そんな感じで、郷の人に聞き、今回の買い付けでも加わった仲間があるので、この後の記事でまたご紹介したいと思います。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

北欧買い付け旅行 2018 3月

3月初旬から2週間ほど、デンマークに行ってきました。日本は春らしくなってきた頃ですが、北欧はまだまだ真冬。-1度〜3度の間を行ったりきたりで太陽も出たり隠れたり、家に引きこもりたくなるような天候でしたが、友人と会ったり、買い付けに行ったりと慌ただしくしている間にあっという間に時間が過ぎ去りました。

(海が凍ってた)

いつもなのですが、行く前は、あれもしてこれもしてあそこも行ってあの人にも会ってと、いろいろ妄想して行くのですが、結局その半分もできません。ただ、その時その時の縁やハプニングを楽しむ余裕があった方が、ガチガチの計画実行よりも良い思い出になったりしていいのかもとも思います。

今回の旅は、コペンハーゲン近郊の2つの美術館に行ったり、

2日間だけ弾丸でポルトガルのリスボンに行ったり

家庭料理を食べたり

いろいろ楽しい旅でしたが、やっぱりいちばんワクワクするのはやはり買い付けで、

たくさんのモノとの出会いもありました。

購入したものや、それぞれのお話はまた追ってブログでご紹介します。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

ストックホルムの魅力

住んでいたのでデンマークの話が多いですが、スウェーデンの物も扱っているのでスウェーデンも少しご紹介したいと思います。

まずは首都ストックホルムですが、おしゃれでこじんまりしたコペンハーゲンに比べて、ストックホルムは重厚で威厳があります。

 

中央駅に降り立って外に出た瞬間にその迫力と美しさに圧倒されるのですが、空気もまたデンマークとは少し違っていて、「水の都」と言われるだけあり、みずみずしさを感じます。

威厳があるのに透明感もある、そんな魅力的な都市です。

 

おすすめ①やっぱりガムラスタン

バルト海に浮かぶ14の島から成るストックホルムですが、その中央に位置するガムラスタンという旧市街地があります。

街の発祥は13世紀まで遡るそうで、石畳や路地、古い建物がそのまま残り、時間が止まったような静かでのんびりした場所です。

あんまり良い写真がなくて残念ですが、

どこを見ても素敵。

中世の騎士が歩いていても全然違和感ない雰囲気でした。

魔女の宅急便のモデルにもなった街だそうで、まさにそんな感じのパン屋さんや、こじんまりしたおしゃれなカフェやブティックがあったり、すぐ横には王宮や教会、ノーベル博物館などの壮大な建物もあって、一日ここにいても飽きないかと思います。

 

おすすめ②想像力でオペラ鑑賞

せっかく歴史ある街に滞在するのだからと思いオペラを鑑賞しました。

話がよくわからなくても、オーケストラの演奏や歌声や演出は十分楽しめますし、豪華な空間にいること自体で満足できると思います。

最後はみんなで拍手して、「ブラボー!」と言って高揚感を味わって帰りましょう。

ストックホルムにはいくつかオペラハウスや劇場があり、観劇や音楽鑑賞など、週末の夜を少し贅沢な気分で楽しめます。

一応着替えて行きましたが、ジーパンで着ている人もいたので、向こうでは割と気取らない夜遊びなのだと思います。

 

おすすめ③美しい街を一望できるビューポイント

先ほど紹介した中世の街並みを残すガムラスタンの南に位置するセーデルマルムという大きな島。昔は労働者階級の街だったそうですが、今はヒップスターの街としておしゃれなショップが並ぶ若者に人気のエリアです。

生まれも育ちもストックホルムだという店員さんがイチオシの場所と教えてくれたのがMONTELIUS-VAGENという高台です。

ここからストックホルムが一望できるのですが、海沿いが小道になっていて、ガムラスタンやシティーセンターに立ち並ぶ市庁舎や教会など街並みを見ながら静かにお散歩できます。

あんまり写真を撮ってなくて残念ですが、どこを切り取っても絵になる、品の良い素敵な街です。

普通だったら、1つの地域に1つあるかないかという歴史的な重厚な建造物が、左右前後に永遠にあるので歩いているだけでお腹いっぱいになります。また公共の大学や図書館や公園一つとっても素敵なので、いくら時間があっても足りなかいほど。

日本と違って地震がないのでそのような大きな建物でも残っているのだと思いますが、もう一つ、スウェーデンは第二次世界対戦の際、中立を保ちナチスに侵攻されなかったという話を聞いたことがあります。

これについては「人の命や街を守ることを優先した」という美談と、「ナチスに反抗する他の国を裏切った」という話とどちらも聞いたことがありますが、いずれにせよ自然にも人間にも破壊されなかった街は、どっしりとした変わらない美しさを秘めていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

 

 

ノーベル賞受賞者が食べるアイスクリーム

昨年10月の初旬に、スウェーデンのストックホルムに滞在していたのですが、ちょうど2016年ノーベル賞受賞者の発表の時期でした

ストックホルムの電光掲示板には、その年の受賞者の絵が代わる代わる時々現れたりして、街はお祝いモード。

13世紀からの中世の街並みが残る市内にある島「ガムラスタン」には、ノーベル博物館があります。

ストックホルムは5日あっても見所がありすぎて、結局ノーベル博物館を見る時間と元気がなかったのですが、「受賞者が食べるアイスクリームが食べれるらしい」と誰かが言ったので、失礼ながら休憩ついでにそのアイスだけ食べに行きました。

館内には併設の素敵なカフェがあり、入場料を払わなくてもカフェには行くことができます。

そして、噂のアイスがこちら

バニラとラズベリーのアイスに、イチゴ、金柑、そしてノーベル賞メダルチョコ。

確か900円ほどだったと思いますが、このチョコレートだけで200円ほどするので、スウェーデンの物価を考えると良心的なお値段です。

アイスだけでなく、このカフェの椅子にもノーベルあるあるが隠されているそう。

知らなかったのですが、アイスを食べていると、向こう側に座っていた人たちが椅子の裏を見出したので「なんなの?」と気になった私たち。

周りに誰もいなくなったのを見計らってそっと自分たちの椅子の裏を見ました。

私が見た椅子は、「益川敏英」「田中耕一」という文字。

歴代受賞者の直筆サインが書かれているのです。

母の友人A子さんの椅子は

2009年Peaceと書いてあります。

B・Oさんなので元アメリカ大統領でした。

 

全部ひっくり返したくなる気持ちはわかりますが、あんまりドッタンバッタンするとお行儀が悪いので、行かれる方はそっと覗いてみてください。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村