北欧の冬に欠かせないクリスマスとキャンドル

デンマークではこの季節になると寒くて暗い毎日が続きます。

12月に入ると日の出はだいたい朝の8時過ぎで、午後の3時半くらいには夕日にねり始め、4時半には暗くなります。

空模様と心は繋がっているというのは本当で、やっぱり太陽の光がないと、気分は沈みがちに。北陸出身の私もびっくりの光の少なさです。

北欧の人は毎年この長くてくらーい冬を耐えているのだなと感心します。

そんな暗い冬に、人々が心のよりどころにしているもの。

クリスマスです。デンマークではJul:ユルと言います。

日本でも街はクリスマス一色になりますが、力の入れ方、心意気が違います。

一番日が短くなる冬至の直後にクリスマスというビッグイベントは必然なのかもしれません。

暗く寒い中でも、街中ではいろんなところでクリスマスマーケットが開かれています。

ここで飲むのは、

甘くて美味しいホットワイン。

ドイツでおなじみですが、デンマークのはアーモンドとレーズンが下に沈んでいます。

マグカップで飲むものらしく、カップは持って帰れますが、返却するとその分のお金が返ってきます。

一杯900円ほどで、半分の400円ほどが返ってきたはずです。

その他にもソーセージを食べたり、

チョコレートやクッキー、クリスマスの飾りや、

工芸品など

いろんなものを見たり食べたり買ったりして楽しんでいました。

暗くなった街はそれはそれで綺麗です。

(これまだ4時前だったはず)

5時には完全に夜

夜まで明るい夏のようにハイテンションで楽しむことはなくなりますが、ちょっと考え事をしたり、本を読んだりして過ごすのには悪くありません。というか嫌でもそうなります。幸せな国で有名ですが、この時期特に自殺や鬱になる人も多く、多くの人がビタミン剤や抗鬱剤を飲んでいます。小さな子どもでも、グミみたいなカラフルなビタミン剤を飲んでいました。(彼らにとっては美味しいおやつ)

太陽の光って本当に人を元気にさせるんだなーと身に染みるほど、実際にちょっと辛い冬でもあります。でも一方ではそういう時期があるから、自分と向き合う時間があって、考える力がついて、社会も発達したのかも。

もう一つ、北欧の家では暗くても蛍光灯は使わずに、キャンドルやランプで過ごすのが定番です。実際に光は弱くても、その方が温かく見えます。最近話題のHYGGE(ヒュッゲ)は「寒い冬に、家の中でキャンドルを炊いて、親しい人と交流するような心地よい感覚」と例えられるように、キャンドルは北欧スタイルの定番でもありますが、おそらく、実際に電気よりもろうそくの炎の方が太陽に近く、人を元気にさせたり癒す効果があるのだと思います。それで、北欧の人はおしゃれや空間のためというよりは必然的にろうそくを使用してきたのかなとも思っていました。

そんな感じで、寒くて暗いけど、クリスマスのデコレーションを楽しんだり、家で家族でほっこり過ごすなど、冬の楽しみ方を良く知っているデンマークの人々の冬が今年も始まったようです。

 

学生が考案したロイヤルコペンハーゲンの人気シリーズ「メガ」

荒れた天気の続いた今年の10月に、デンマークから友人家族が遊びに来ました。

デンマークからたくさんお土産を持ってきてくれたのですが、その中の一つがこちら

ロイヤルコペンハーゲンの小物入れです。

ロイヤルコペンハーゲンにはこれまで様々な人気シリーズが生まれてきた中で、この「メガ」というシリーズは近年のヒット商品で、現在ロイヤルコペンハーゲンの顔となっています。

新シリーズ?むしろロイヤルコペンハーゲンの伝統的な柄に見えますよね。

このシリーズをデザインしたKaren Kjældgaard-Larsen(カレン・キエルゴードラーセン)さんは今から20年ほど前、デザインスクールに通う学生さんでした。ロイヤルコペンハーゲンの古典的なハンドペイントを敬愛していた彼女は、その柄を生かして、現代的なデザインにできないか思索を巡らしました。

その古典的な柄というのがこちらのブルーフルーテッドです。

ロイヤルコペンハーゲンが開窯した1775年から、古代中国の模様をモチーフにパターンが作られました。装飾や絵付け、釉薬まで全て職人の手で作られてきた、知名度・技術共に最高峰のシリーズです。

こちらはImayaでも取り扱っている豆皿。右からプレーン・ハーフレース・フルレースと3種類あります。

中でも縁がレースになっているフルレースは、飾り孔も全て手でカットされているそうです。

この伝統的な模様の一部を大胆にアップした案を思いついたカレンは、その案を持ってこれまた大胆にもロイヤルコペンハーゲン社を尋ねます。上層部はその案を気に入り、A new classic created from an old「古いものから生まれた新しい伝統」として現在ではロイヤルコペンハーゲンの新エースとなりました。

まさに、温故知新です。

伝統はリスペクトしながらも形式にとらわれず、新しいものを取り入れていくデンマークらしいお話でした。

「うちのロイヤルコペンハーゲンは、デンマーク製のヴィンテージ品です。(近年の東南アジア製とは違います)」

というスタンスでいこうかななんて思っていましたが、このメガをもらったら、これはこれでシンプルで可愛い。。

ブルーフラワーやフルレースのような高貴で厳かな感じはないのですが、そこがとっつきやすくて日常にフィットするような感じがします。時代に合わせて食器も変わっていくのですね。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

ノーベル賞受賞者が食べるアイスクリーム

昨年10月の初旬に、スウェーデンのストックホルムに滞在していたのですが、ちょうど2016年ノーベル賞受賞者の発表の時期でした

ストックホルムの電光掲示板には、その年の受賞者の絵が代わる代わる時々現れたりして、街はお祝いモード。

13世紀からの中世の街並みが残る市内にある島「ガムラスタン」には、ノーベル博物館があります。

ストックホルムは5日あっても見所がありすぎて、結局ノーベル博物館を見る時間と元気がなかったのですが、「受賞者が食べるアイスクリームが食べれるらしい」と誰かが言ったので、失礼ながら休憩ついでにそのアイスだけ食べに行きました。

館内には併設の素敵なカフェがあり、入場料を払わなくてもカフェには行くことができます。

そして、噂のアイスがこちら

バニラとラズベリーのアイスに、イチゴ、金柑、そしてノーベル賞メダルチョコ。

確か900円ほどだったと思いますが、このチョコレートだけで200円ほどするので、スウェーデンの物価を考えると良心的なお値段です。

アイスだけでなく、このカフェの椅子にもノーベルあるあるが隠されているそう。

知らなかったのですが、アイスを食べていると、向こう側に座っていた人たちが椅子の裏を見出したので「なんなの?」と気になった私たち。

周りに誰もいなくなったのを見計らってそっと自分たちの椅子の裏を見ました。

私が見た椅子は、「益川敏英」「田中耕一」という文字。

歴代受賞者の直筆サインが書かれているのです。

母の友人A子さんの椅子は

2009年Peaceと書いてあります。

B・Oさんなので元アメリカ大統領でした。

 

全部ひっくり返したくなる気持ちはわかりますが、あんまりドッタンバッタンするとお行儀が悪いので、行かれる方はそっと覗いてみてください。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

宝探しの休日

デンマークに住んでいた時、たくさん素敵な街並みやカフェやショップがあって楽しんでいましたが、一番テンションがあがるのは、やっぱりガラクタやお宝がザクザクありそうな予感がするお店を見つけた瞬間でした。

そういうお店はだいたいメインストリートから一つ入った路地にひっそりとあります。。

 

店の前がごちゃごちゃっとしていたら良い兆しです。

街には綺麗な食器や家具が並んである綺麗なアンテークショップもありますが、祖父のお店の影響かこの雑多に置いてある感じがホッとすると同時にゾクゾクします。

このガラクタ感がたまりません。いつもだいたい入り口でかくれんぼの時みたいにトイレに行きたくなります。

自分だけのお気に入りを探すのもよし

物語や歴史を感じるのもよし

出されなかった手紙とか、なんでもかんでもありました。

エロ本でさえ趣を感じるガラクタショップでした。

本当は1日に何軒も行きたいのですが、ものがありすぎるからか、興奮しすぎるからか知りませんが、だいたい1軒で疲れてしまうことが多いです。でも何よりも大好きな場所でした。

 

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村