世界的に有名な〇〇創始者の膨大なアートコレクションを公開!ニューカールスベア美術館(コペンハーゲン)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #20

こんにちは!
今のところ北欧に行けないのですが、撮りためていた風景や思い出などなど、たくさんシェアしていきたいと思います♪

今日はコペンハーゲンにあるニューカールスベア美術館。実はあの世界的に有名な会社の創始者の息子が集めた膨大なアートコレクションだそうです。幻想的な館内は都会のオアシス。「仕事や育児で疲れた時に、1人でボーーっとしにいくの!」と言っていたデンマークの友達。あーそんな暮らしいいなぁ

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

北欧のクリスマス No.2 美味しいHYGGEなクリスマスイブ (デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #19

3月も半ば、もうすぐ春がやってきます。

季節外れもいいとこですが、デンマークのクリスマス第二弾の動画ができましたので、少し季節を遡って、温かいクリスマス気分を味わっていただけたら嬉しいです。。

24日のクリスマスイブは美味しい料理に楽しい歌、嬉しいプレゼント。心温まるヒュッゲ(HYGGE)な北欧のクリスマスパーティの様子です。

 

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

幻のロイヤルパープル! ロイヤルコペンハーゲンバーガンディの歴史と秘話

新年明けましておめでとうございます。

今年も北欧と日本の間で良いもの・こと・人を紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、2019年の暮れから2020年初旬にかけて、買い付けの旅に行ってきました。

ちょうどクリスマスシーズンだったので、その様子もお伝えしますが、その前に今年最初の買い付け商品をご紹介したいと思います。

それがこちら、ロイヤルコペンハーゲンのフルーテッドフルレース「バーガンディ」のセットです。

ロイヤルコペンハーゲンと言えば、ロイヤルブルーが有名ですが、こちらは深いワイン色をしています。もうお嫁に行ってしまったのですが、とても貴重なお品でしたので少しご紹介させていただきます。

 

最初はあの有名ブランドで販売されていた!?

ブルーでないレッド系の色合いのフルーテッドシリーズは、意外にも創業して間もない1790年から既に存在していたそうです。フルーテッドプレーンのみですが、1796年のオークションには、レッド系のティーセットが出品されています。

その後、1884年から1916年までロイヤルコペンハーゲンの芸術監督を務めたアーノルド・クロッグは、ブルーフルーテッドの近代化を目指し、ハーフレースとフルレースのカラーを試みます。

ちなみに、このアーノルド・クロッグさんは日本の美や自然からインスパイアを受けたため、ロイヤル・コペンハーゲンの商品には日本の雰囲気に近いものが生まれました。

このワイン色の「バーガンディ」が販売されたのは1890年代。販売されていたのは、意外にもデンマークではなくアメリカ。そして、その頃はまだロイヤルコペンハーゲン社がニューヨークに最初のお店をオープンする前だったため、なんとあの有名なティファニーのお店を通じて販売されていたのだとか!

デンマーク人はロイヤルブルーしか受け入れなかったのでしょうか?

市場にでることが少ないバーガンディですが、最近ではデンマークのフレデリック皇太子が2004年に結婚した際にウェディングに使用したそうです。

 

バーガンディの製作

この独特の紫色のカラーは、フローラダニカの色と同じように、金属酸化物を混ぜて作られているそうです。そしてペイントの際は、油やテレビン油ではなく、水ベースの塗装媒体が使用されています。

フローラダニカと同じように、釉薬の上から塗るオングレーズ装飾というテクニックで、イタチ科のテンの毛を使った特別なペイントブラシで装飾され、焼きの際は、比較的低めの860℃の温度で、装飾の細部に応じて3〜5回じっくりと焼いて完成です。

ブルーも素敵ですが、紫も気品がありとっても綺麗でした。女性らしく温かい趣です。

滅多にお目にかかることのないお品を取り扱うことができ、バイヤーとしてとても良いスタートを切ることができました。

皆さまも、今年もたくさん素敵な出会いがありますように。

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

しあわせの国のレシピ〜スモーブロを作ろう〜②しあわせになるための土台は「自分であること」〜

前回書きましたが、デンマークの友人たちによる「スモーブロを作ろう」のイベント。その中で友人のクリスティーナが、この滞在で感じたデンマークと日本の違いについて参加者と話す機会を設けました。

実は、このイベントの前日に「日本の学校を見てみたい!」という熱い希望により、地元の小学校へ見学に行きました。ちょうど文化祭の予行演習をしていたので、子どもたちの劇や発表を見せてもらい、休み時間には子どもたちと交流して、学校の様子も見ることができとても喜んでいました。

それぞれ3人の子どもの母親である2人は、日本とデンマークの教育に違いを感じたようです。

「集」を重んじる日本と「個」を重んじるデンマーク

文化祭の予行演習で子どもたちが発表する劇や音楽。それまで頑張ってたくさん練習して、協力し合い、自分の役割を果たします。そこで大切なのは「全員が協力して達成すること」。自分が苦手だからと言って、やりたくないから、つまらないからと言って、それを拒否したり妨害したりすることは許されません。苦手でも嫌いでも頑張って練習し、周りと同じように行動することが求められます。

予行演習を見たデンマークの母親たちは、「おそらくデンマークの子どもたちはこんな風に、皆が同じようにきちんと演技をするのは難しいだろう」と言っていました。なぜなら、デンマークで大切なのは「ひとりひとりが意見を持ち、違う意見を持つ相手を尊重すること」であるからだと言います。皆と同じように行動することよりも、「自分はこう思うからこうする」こと。

集団としての機能を大切にする日本と、個人を大切にするデンマーク。その違いは、教育にも現れます。

社会の一員であるべきか 個人であるべきか

日本の教育で評価されることは、計算力や暗記力、筆記力、読解力。教室ではちゃんと座り授業を聞くこと。その中で自分の意見を主張することはあまり求められません。

デンマークではその逆で、「自分はこう思う」と自分の意見を持つことが大切だとされています。なので授業も幼い頃からディスカッションやプレゼンテーションが用いられ、テストは行われず、成績をつけるのも高校に入る前などある時期に限られます。
個人が尊重されるということは、自分と違う意見を持った相手も尊重するということ。この夏にデンマークの中学校の授業に参加させてもらいましたが、大勢の前で発表したり意見を述べたりすることはもちろん、人の話を聞く姿勢も学んでいるんだなということがわかります。

(写真はデンマークの小学校)

こう書くと、デンマークは日本と違っていいなあー!という空気になりますが、友人たちはデンマークから見た日本のこともとても評価しています。デンマークの学校では個人の主張が激しく、日本のように授業として機能しないことも多々あるそうです。
私もデンマークは自由で(テストもなくて)個人が尊重されていいなぁー!と思いますが、個人事業をしている今、例えば荷物を指定通りにきちんと運んでくれる運送会社や、それを受け取ってくださるお客さまの対応など、日本の組織力や丁寧さ、信頼があって初めて成り立つことはとても多く、同じことをデンマークや海外でしようと思ったらさぞ大変だろうなといつも思います。

最後にクリスティーナは、「日本よりデンマークの方が素晴らしいということではないと思います。ただデンマークは世界で最も幸せな国であると言われていて、その理由の一つは「自分が幸せだと思える」という点が大きいと思います。それは私たちが幼い頃から、「自分は自分であっていい」例え周りと違っても、かけがえのない個人として尊重されてきてこそだと思います」と言っていました。

国や社会がうまく機能して快適に暮らすには、一つ社会の一員として、組織の一員として機能することがもちろん大切です。ただその中で個人が幸せを感じるには、集団の中の一部としてでなく、個人として尊重されることが必要なのだなと彼らの話を聞いて思いました。

それぞれの国の良いところを知り、バランスよく取り入れていくこと。
制度を変えるのは時間もお金もかかり少し難しいですが、身近なところでできることはたくさんありそうです。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

「死者は森へ還る」北欧の死生観を表した神秘的な墓『森の墓地』スコーグスシュルクゴーデン (スウェーデン)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #15

スウェーデン・ストックホルム市内から地下鉄で15分ほどの街にあるスコーグスシュルクゴーデン(森の墓地)。北欧建築の父であるアスプルンドが生涯をかけて設計した墓地は、「死者は森へ還る」という北欧の死生観を元に、美しく神秘的に作り上げられています。墓地の概念を覆す、人の心に寄り添う優しい場所です。

動画の鳥の鳴き声は本物です。朝一で行きましたが、本当にリラックスできる美しい場所でした!


にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

「北欧の夏に欠かせないドリンク!エルダーフラワー コーディアルシロップの作り方」北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #14

初夏の北欧で、公園や野原などあちこちに咲き乱れるエルダーフラワー。

魔除けの植物として西洋で親しまれるエルダーフラワーは、たくさんの効能があり、庶民の薬箱とも言われています。

マスカットのような爽やかな風味を生かした甘酸っぱいコーディアルシロップの作り方をデンマークの家庭で教えてもらいました。北欧ではこの時期欠かせない美味しい飲み物。私もこの時期行ったら必ず飲みます。

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

「北欧のハワイ ボーンホルム島への旅!③遺跡と燻製と自然エネルギー」(デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #13

ボーンホルムへの旅第3段は、壮絶な歴史を垣間見る遺跡や、美味しい魚介の燻製、そして世界に先駆けた自然エネルギー。
デンマークにいる間ボーンホルム特集だけで終わってしまいましたが、他にもいろいろ撮影したので来月配信します。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

「北欧のハワイ ボーンホルム島への旅!②美しい自然とアート・クラフトの島」(デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #12

前回の動画、道中も素敵だったものでぜひご紹介したく、ボーンホルムに辿り着くまでで終了してしまい、え?って感じだったと思います。

今回はいよいよボーンホルム島の内部。真っ白なビーチに、色彩豊かな自然でのハイキング、陶芸やガラスなどの工芸もとっても素敵でした。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

「ロイヤルコペンハーゲン本店からアンデルセンの愛したニューハウンへ」(コペンハーゲンさんぽ)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #10

コペンハーゲンにある世界最古の歩行者天国、ストロイエ通りの「ロイヤルコペンハーゲン本店」から、アンデルセンも住んでいたというカラフルな建物が並ぶ「ニューハウン」へ。コペンハーゲンの定番コースのお散歩です。

本当はもっと近道があるのですが、私のお気に入りの静かな道を選びました。

*歩きながらの撮影で手ぶれがありますがご了承ください(>_<)

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

「LGBT・ゲイフレンドリーなカフェで飲むあま〜いチョコレートドリンク」(ストックホルム)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #9

ストックホルムのオールドタウン、ガムラスタンにあるカフェChokladkoppen。洞窟の中のような薄暗い店内で飲む甘いチョコレートドリンクは最高です。また、LGBT先進国である北欧の、LGBTフレンドリーカフェでもあります。


にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村