北欧のクリスマス No.2 美味しいHYGGEなクリスマスイブ (デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #19

3月も半ば、もうすぐ春がやってきます。

季節外れもいいとこですが、デンマークのクリスマス第二弾の動画ができましたので、少し季節を遡って、温かいクリスマス気分を味わっていただけたら嬉しいです。。

24日のクリスマスイブは美味しい料理に楽しい歌、嬉しいプレゼント。心温まるヒュッゲ(HYGGE)な北欧のクリスマスパーティの様子です。

 

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

しあわせの国のレシピ〜スモーブロを作ろう〜②しあわせになるための土台は「自分であること」〜

前回書きましたが、デンマークの友人たちによる「スモーブロを作ろう」のイベント。その中で友人のクリスティーナが、この滞在で感じたデンマークと日本の違いについて参加者と話す機会を設けました。

実は、このイベントの前日に「日本の学校を見てみたい!」という熱い希望により、地元の小学校へ見学に行きました。ちょうど文化祭の予行演習をしていたので、子どもたちの劇や発表を見せてもらい、休み時間には子どもたちと交流して、学校の様子も見ることができとても喜んでいました。

それぞれ3人の子どもの母親である2人は、日本とデンマークの教育に違いを感じたようです。

「集」を重んじる日本と「個」を重んじるデンマーク

文化祭の予行演習で子どもたちが発表する劇や音楽。それまで頑張ってたくさん練習して、協力し合い、自分の役割を果たします。そこで大切なのは「全員が協力して達成すること」。自分が苦手だからと言って、やりたくないから、つまらないからと言って、それを拒否したり妨害したりすることは許されません。苦手でも嫌いでも頑張って練習し、周りと同じように行動することが求められます。

予行演習を見たデンマークの母親たちは、「おそらくデンマークの子どもたちはこんな風に、皆が同じようにきちんと演技をするのは難しいだろう」と言っていました。なぜなら、デンマークで大切なのは「ひとりひとりが意見を持ち、違う意見を持つ相手を尊重すること」であるからだと言います。皆と同じように行動することよりも、「自分はこう思うからこうする」こと。

集団としての機能を大切にする日本と、個人を大切にするデンマーク。その違いは、教育にも現れます。

社会の一員であるべきか 個人であるべきか

日本の教育で評価されることは、計算力や暗記力、筆記力、読解力。教室ではちゃんと座り授業を聞くこと。その中で自分の意見を主張することはあまり求められません。

デンマークではその逆で、「自分はこう思う」と自分の意見を持つことが大切だとされています。なので授業も幼い頃からディスカッションやプレゼンテーションが用いられ、テストは行われず、成績をつけるのも高校に入る前などある時期に限られます。
個人が尊重されるということは、自分と違う意見を持った相手も尊重するということ。この夏にデンマークの中学校の授業に参加させてもらいましたが、大勢の前で発表したり意見を述べたりすることはもちろん、人の話を聞く姿勢も学んでいるんだなということがわかります。

(写真はデンマークの小学校)

こう書くと、デンマークは日本と違っていいなあー!という空気になりますが、友人たちはデンマークから見た日本のこともとても評価しています。デンマークの学校では個人の主張が激しく、日本のように授業として機能しないことも多々あるそうです。
私もデンマークは自由で(テストもなくて)個人が尊重されていいなぁー!と思いますが、個人事業をしている今、例えば荷物を指定通りにきちんと運んでくれる運送会社や、それを受け取ってくださるお客さまの対応など、日本の組織力や丁寧さ、信頼があって初めて成り立つことはとても多く、同じことをデンマークや海外でしようと思ったらさぞ大変だろうなといつも思います。

最後にクリスティーナは、「日本よりデンマークの方が素晴らしいということではないと思います。ただデンマークは世界で最も幸せな国であると言われていて、その理由の一つは「自分が幸せだと思える」という点が大きいと思います。それは私たちが幼い頃から、「自分は自分であっていい」例え周りと違っても、かけがえのない個人として尊重されてきてこそだと思います」と言っていました。

国や社会がうまく機能して快適に暮らすには、一つ社会の一員として、組織の一員として機能することがもちろん大切です。ただその中で個人が幸せを感じるには、集団の中の一部としてでなく、個人として尊重されることが必要なのだなと彼らの話を聞いて思いました。

それぞれの国の良いところを知り、バランスよく取り入れていくこと。
制度を変えるのは時間もお金もかかり少し難しいですが、身近なところでできることはたくさんありそうです。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

有名北欧食器ブランドのエコでhyggeなペーパーナプキンとキャンドル (デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #17

250年の歴史を持つデンマークの老舗陶磁器ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」。ブルーフルーテッド、ブルーフラワーなど、美しい食器のデザインの歴史は古く、世界中から時代を超えて愛され続けています。そんな「ロイヤル柄」を施した素敵なペーパーナプキンとキャンドルを作るデンマークの会社を訪問しました。

【ロイヤル柄ペーパーナプキンの販売はこちらをクリック】

【ロイヤル柄キャンドルの販売はこちらをクリック】

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

魔女を燃やすお祭り??デンマークの幻想的な夏至祭 サンクトハンスアフテン (デンマーク)北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #16

1年で最も日が長い夏至の日。長い冬の長い夜を過ごしてきた北欧の人たちにとって、最も太陽の光を浴びることができるこの日は特別なもの。魔女を燃やし、歌を歌って魔を払い、一年の五穀豊穣を願います。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

「北欧の夏に欠かせないドリンク!エルダーフラワー コーディアルシロップの作り方」北欧アンティーク雑貨をめぐる旅 #14

初夏の北欧で、公園や野原などあちこちに咲き乱れるエルダーフラワー。

魔除けの植物として西洋で親しまれるエルダーフラワーは、たくさんの効能があり、庶民の薬箱とも言われています。

マスカットのような爽やかな風味を生かした甘酸っぱいコーディアルシロップの作り方をデンマークの家庭で教えてもらいました。北欧ではこの時期欠かせない美味しい飲み物。私もこの時期行ったら必ず飲みます。

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

クリスマスの掟 家族で選ぶ今年のツリー

こんばんは。

いま今年4回目のデンマークに来ています。12月のデンマークは暗く、寒い。4時くらいには薄暗くなり、雪は降らないものの芯から冷えるような寒さになります。

でも、そんな冬を生き抜く人々にとって希望の光、それがクリスマス「Jul(ユル)」です。12月に入るとクリスマスランチやらホットワインを飲むパーティーやら毎週(毎日)のようにイベントがあり、気分を盛り上げます。そんな北欧の人たちにとって、なくてはならないJulですが、国や家族によっていろいろと伝統やルールがあって面白いのでいくつかご紹介していきます。

毎年恒例のクリスマスツリー狩り

クリスマスに欠かすことができないもの、それがクリスマスツリーです。日本でも多くのファミリーが飾っていると思いますが、ツリーにかける意気込みが違います。

ルール①ツリーは本物であるべし

この時期町のあちこちでクリスマスツリーが販売されています。

小さいのから大きいのまでいろいろありますが、ほとんどのファミリーが本物を買うそう。普段は合理的なデンマーク人だから、毎年使えるプラスチックが普及しそうですが、ここは伝統第一で譲れない模様。モミの木はクリスマスが終わった26日に、一斉に捨てられます。

ルール②ツリーは家族皆で狩りにいく

ここからは私の友人の家族の伝統ですので全てのデンマーク人に当てはまるものではありませんが、このファミリーは毎年必ず親族皆でツリーを狩りに行くそうです。

もみの木がたくさんある森。りんご狩りのようにそこから好きなもみの木を選んで自分で狩るシステム。街で買うより安く、自分で選べるのが醍醐味です。先日私も一緒に連れていってもらいました。

ルール③ツリー狩りには全員Nissenの帽子を被る

さっきの写真でもうお気づきだと思いますが、このファミリーのもう一つのルールは、皆赤い帽子を被ること。北欧にはサンタクロースの他に、キリスト教が入る前の独自のキャラクターNissenという小人も、クリスマスの主人公です。

友人のお母さんが毛糸から編み、それをフェルトにして作った手作りの帽子必須で、4家族総勢15人ほどがNissenになります。(私も否応なしに被りました)

皆で、これがいいやらあれがいいやら相談しながら良い木を探します。

広い森でもすぐ自分の家族を発見

目星をつけたら帽子を被せて

家族が同意すればノコギリで切ります。13歳の男の子がおじいちゃんの伝授で初挑戦。大人への一歩。

無事に切れたらえっさほいさと運びます。森で会ったら本物の小人かと思いそう。

「今年も良い木がとれたね〜」

木を網に入れる道具にかけて

車に積んで(そのまま!!)

無事に良い木がとれたので、一休み

温かくて甘いホットワインと

それぞれが作ってきたクッキーやパンを食べました

 

これぞHygge。おとぎ話のようなシーンの連続でした。

子供の子供まで、家族の素敵な伝統が引き継がれますように。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

初夏の北欧のHYGGEな過ごし方

今年2回目の買い付けに来ています。

5月中旬から7月にかけては、日も長くなり、春と夏が一気に来るデンマークで最も良い季節。

長い冬を耐えた草木もやっと太陽の光を浴び、待っていましたとばかりに一気に芽吹きます。

せっかくお天気も良く気持ちの良い季節なので充実した日々にしたいところ。

旅行や日々の理想の過ごし方は皆それぞれだと思いますが、今回は私流のこの時期を楽しむ理想の1日の過ごし方をご紹介します。

①時差ボケで早起きする 6:00 a.m.

日本とデンマークの時差は7時間。最初の2、3日は夕方眠くなり、夜中の2時や3時に目覚めてしまいますが、できるだけ工夫をして早めに起きるのがベスト。

この時期は日の出も早く鳥のさえずりとともにすっきり目覚められます。

②フリーマーケットへ行く  8:30 a.m.

今回はちょうど金曜日に着くフライトだったので、朝早めに目覚めると翌日早速ラッキーなことが。この季節、土日になると朝からフリーマーケットが開催されているのです。

だいたい9時頃からスタートで、お昼くらいになると混み合うので朝一で早めに観に行くのがベスト。

可愛いものがたくさんあります。わくわく

③カフェで一息 10:30 a.m.

1日中いられそうなフリーマーケットですが、だいたいものと人混みに疲れてしまうので、欲張らず直感に従ってぱっと買い付けをすましてカフェで一息。

週末はブランチをやっているカフェもたくさんあります。

好きなカフェでコーヒーのみながら買ったものを広げて眺める至福のとき。

④お昼まで街をプラプラ 11:30 a.m.

土曜日はお店のオープンが遅めなので、少し街をプラプラします。

今回のフリーマーケットはコペンハーゲン近郊でもハイソなフレデリクスベアという街だったので、ブティックやオープンカフェが立ち並び、お散歩するだけで楽しいところ。

⑤お気に入りのアンティーク・ヴィンテージショップに行く 13:00 p.m.

午後は行きたいお店に直行します。買い付けというと、1日に何軒もまたぐイメージがありますが、私はだいたい1日に2件ほどにしています。たくさん見すぎて疲れてくると、安いからという理由でいらない買い物をしがちなので、その日にターゲットのお店と予算を決めて、その範囲内で探すと良い買い物ができます。

この日は、行きつけのヴィンテージ服のショップに行きました。

服のことよく知っていて、どの形がどの時代のものかなども教えてくれて、おまけもたくさんしてくれる大好きなおじいさんのショップです。

お店の人とお話するのも買い付けの醍醐味です。

【kongens klær 】  住所:Rosenborggade 10, copenhagen,Denmark  開店時間:平日12:00-17:30  土曜12:00-15:00   日曜休み

⑥友人とお茶 15:00 p.m.

両手も脳みそもいっぱいになったら、買い付けはキリよく切り上げます。いったん荷物を置いて友人とお茶。天気が良いとデンマーク人はこぞって外に出たがるのでテラス席もたくさんあります。

⑦サマーハウスでまったり 18:00 p.m.

この日は友人のサマーハウスへ。良い季節を存分に味わうため、多くのデンマーク人が郊外のビーチや自然豊かな場所に、サマーハウスを持っています。

今の日の入りは9時過ぎでした。ビーチに行ったり庭でバーベキューをして、まったり過ごします。

以上、私のお気に入りの初夏の過ごし方でした。

世の喧騒なんて忘れてしまうのんびりした至福のひと時。この時期の北欧は真夏ほど航空券も高くなくおすすめです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村