北欧ヴィンテージワンピース SUMMER’18

こんにちは。

今年二回目の買い付けから帰ってきました。

ずっと快晴で一番良い季節のデンマークで、その内容は追ってご報告したいと思います。

その前に、日本もじわじわと暑くなってきて、サマーワンピースの出番がやってきましたので、今日からオンラインショップで販売開始しました。

 

北欧らしいテキスタイルや、

形を考えて丁寧につくられたハンドメイドの一着

目を引く華やかなものから、

夏らしい爽やかな一着まで。

形も柄も他とはかぶらないないオンリーワンの一着です。

写真を撮ったのは、事務所の近くにある私が小学生の頃よく遊んでいた公園。

(撮影風景)

実際は松がたくさんある古い公園なのですが、今回もhirokoさんのマジックでまるで北欧の森に見えます。

モデルさんは高校の後輩のchikaちゃん。爽やかで可愛くて北欧ワンピースのイメージにぴったりだったのでお願いしました。

写真だけでもとても可愛いので、ぜひごらんください!

Imaya 北欧ヴィンテージワンピース一覧はこちらをクリック

 

———————————————————

クリック応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

北欧ヴィンテージワンピースはじめます

デンマークに住んでいる時は、毎日のようにアンティークやヴィンテージを探して歩いていた私ですが、食器の他にもう一つ集めていたものがありました。

それが、とても可愛い北欧柄のワンピースです。

食器の扱いに夢中で忘れられていましたが、先日友人に見せたところ。「やっぱり可愛い!」となり、そのコレクションも販売することにしました。

今準備を進めていますが、販売開始まえに少しだけ。

1950年代から70年代のもので、そのほとんどが世界に一つのハンドメイドです。

ハンドメイドと言っても襟元や形はとても綺麗につくられていて、生地も日本にはないような北欧らしいものばかり。

別途同じ柄のリボンベルトがついているものもあり、体型に合わせてご使用いただけます。

2018年夏はぜひ、世界に一つのヴィンテージワンピースでレトロに可愛く楽しんでください!

webショップでの公開は6月初旬を予定しています。

準備が出来次第、インスタ・ブログにて再度ご紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつも見ていただきありがとうございます。クリック応援お願いいたします♪
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

旅する北欧食器①:ホルムガード(ガラスメーカー)

前回『買い付けの極意』で、買い付けでは現地の人に聞く!という極意というほどでもないより良いものを発掘する方法ご紹介しました。

先月の買い付けで、まさにそんな風に出会ったものがあります。

友人の息子さんの自宅にお呼ばれされた際、私がデンマークのヴンテージやアンティークを扱っていると知り、「僕のコレクションも見せてあげるよ」といくつか見せてもらいました。

これはどこどこのフリーマーケットで買ったとか、知らなかっやブランドを教えてもらい、「これ記念にあげるよ」といただいたのがこちらの花瓶

ぷっくりしたフォルムが可愛らしいホルムガードというガラスメーカーの一輪差しでした。デンマークの家庭では出窓のところによくガラスの花瓶がちょこんと置いてあります。

カーテンのない大きな窓のお家が多いので、春夏には光を通してとても綺麗だからかもしれません。さすが、光にこだわるデンマーク人ならではです。

 

亡き夫の未練を果たした王室御用達ガラスブランド

ホルムガードのもらった花瓶が可愛かったので、少し調べてみました。

ホルムガードとは、デンマークの地名です。コペンハーゲンから南西に70キロ、車で1時間ほどの田舎です。

近くにはNestved市があり、こちらはコペンハーゲンのベッドタウンとして商業都市として栄えています。私は行ったことがないのですが、入江や小さな島々にはお城や邸宅があり綺麗なところのようです。

出典:visit Denmark

12世紀に修道士が農民にレンガ造りを教えるため、ここホルムゴードという沼地・湿地帯にやってきました。それまで農業や漁業が中心の貧しい国だったデンマークにとって、レンガ造りに必要な泥や、火を燃やす泥炭がとれるホルムガードのような地は、初期のデンマーク工業においてとても重要だったそう。

その300年後にこの辺の農場を集めて現在も残るホルムガードゴッド(Holmgård Gods)という大きな建築物が建てられます。

出典:Holmgaard Gods

15世紀にこの地を買収したサムスー伯爵(Danneskiold Samsøe)は、ここの湿地を生かしてガラス工業を設立したいと王に許しを請いますが、許可されることなく亡くなります。

夫の死後、サムスー伯爵夫人が亡き夫の未練を果たし、許可を経て設立したのがガラスブランドのホルムガード。

これが伯爵夫人だそう。 Holmgaard

さすが、女性の社会進出が早いデンマークはこの頃からなのでしょうか。

1825年設立以来、デンマーク王室御用達ブランドとして、今でも多くの花瓶やグラスを生産しています。

今回入荷した小さな一輪ざしは1960年代のヴィンテージです。

少し分厚めのぷっくりしたフォルムと、淡いブルーの色合いがとても可愛らしい一品です。

光を取り込み、季節や入れるものによっていろんな表情を楽しめます。今回は3つしか買ってこなかったのですが、先ほどオンラインショップに商品をアップしましたので、ご興味あればのぞいていただければ幸いです。友人がくれた奥の丸いのは販売しておりません。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村