旅する北欧食器②:リュンビューポーセリン(磁器メーカー)

前回、旅する北欧食器①でガラスメーカーのホルムガードをご紹介しましたが、ホルムガードの製品がホルムガードという町で作られていたように、北欧のブランドの多くはその地域にちなんで名付けられています。日本の有田焼や瀬戸焼みたいなものでしょうか。せっかくですのでそのブランドと共に、デンマークを旅するようにその地域も合わせて紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するのはリュンビューポーセリン(Lyngby Porcelæn)です。

クラシックなロイヤルコペンハーゲンやB&Gとはまた違い、シンプルモダンなデンマークデザインが特徴的です。

ブランド名に使われているリュンビューは、首都コペンハーゲンの北にあります。

住みたい街ランキング上位のリュンビュー市(Kgs. Lyngby)

デンマークで最も人気の街は、もちろん首都のコペンハーゲンです。日本の都市と比べてゆったりこじんまりとして緑も多いコペンハーゲンですが、中心部は古いアパートが多く、駐車スペースも不足しているので、家族でゆったり住むにはちょっと…という人もいます。

「一軒家に住みたいけど、仕事はコペンハーゲン」という人に人気なのが、コペンハーゲンの北部の地域です。コンゲンス・リュンビュー市もその一つ。

コペンハーゲンまで電車やバスで20分〜30分ほどで行くことができ、湖や森など自然も豊かです。コペンハーゲン北の海岸沿いや、北部の地域は富裕層も多い人気の街です。

リュンビュー市街には12世紀にさかのぼる歴史あるリュンビュー協会や、

小さなショッピングストリート

参照:Lyngby kommune

また、駅前には近代的なショッピングモールや百貨店もあります。

一方で北部には1000ヘクタールもある大きな自然公園があり、Dyrehaven(鹿の公園)という名前の通り2000頭の野生の鹿が生息しています。

↑よーく見ると鹿がいます

元々は王室のハンティング拠点だったそう。

高台からは海が見え、市民が散歩したりピクニックしたりしています。

 

わずか33年で閉業するも、40年後に復活した異例のブランド

そんな、今では人気の郊外リュンビューに80年前に設立されたのが、リュンビューポーセリンです。

元々はデンマーク第二の都市のオーフスのPorcælensfabrikken Denmark という会社でした。ヨーロッパ諸国の安価な庶民向けの食器を販売する会社ですが、1930年代の大恐慌を受けて、デンマーク国内で製品を作ることになります。

そして1936年にリュンビューにあった古い製糖工場に新たに作られたのが、リュンビューポーセリンでした。

参照:Lyngby porcælain

リュンビューポーセリンはその時代に主流であった装飾的な製品と対照的に、機能性や合理性に重きを置くバウハウス運動の影響を受けたモダンな製品を発表していきました。

リュンビューポーセリンの代表的な花瓶リュンビューベースもこの頃に生まれます。

ピーク時は、デンマークの磁器の3分の1を占める生産量を誇っていましたが、設立からわずか33年後の1969年に閉鎖してしまいました。

工場は閉鎖してしまいましたが、リュンビューポーセリンの製品は、デンマークデザイン・北欧デザインの象徴として、その後も影響力を持ち続けます。

そして、華やかで安価なものを求める大量生産・大量消費の時代が下火になり、質や機能性、持続性が見直されるようになった近年、42年の時を経て、2012年にリュンビューポーセリンとして復活しました。

Lyngby porcælain

現在の工場は、リュンビューではなくドイツにあるそうですが、リュンビューベースは現在デンマークでも日本でも人気を誇っています。

先月買い付けで見つけたのは、短い33年の間にリュンビューで作られた、初代リュンビューポーセリンのものです。

波のような模様のスープカップ&ソーサー

同じスープカップ&ソーサーでtangent(鍵穴)というシリーズです。

リュンビューポーセリンらしく、無駄のないシンプルなデザインですが、両耳がついていて可愛らしく、ソーサーもついて存在感があります。

優雅な朝食になること間違いなしの一品、2種2セットずつオンラインショップにアップしましたのでぜひ、貴重な33年間の製品をお楽しみください。

Lyngby porcelain/リュンビューポーセリン スープカップ&ソーサー wave      ¥3800

Lyngby porcelain/リュンビューポーセリン スープカップ&ソーサー tangent¥3800

drop/ドロップ ソースポット ¥4000

drop/ドロップ ソースポット ¥4800

tangent/タンジェント シュガーボウル ¥2800

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

旅する北欧食器①:ホルムガード(ガラスメーカー)

前回『買い付けの極意』で、買い付けでは現地の人に聞く!という極意というほどでもないより良いものを発掘する方法ご紹介しました。

先月の買い付けで、まさにそんな風に出会ったものがあります。

友人の息子さんの自宅にお呼ばれされた際、私がデンマークのヴンテージやアンティークを扱っていると知り、「僕のコレクションも見せてあげるよ」といくつか見せてもらいました。

これはどこどこのフリーマーケットで買ったとか、知らなかっやブランドを教えてもらい、「これ記念にあげるよ」といただいたのがこちらの花瓶

ぷっくりしたフォルムが可愛らしいホルムガードというガラスメーカーの一輪差しでした。デンマークの家庭では出窓のところによくガラスの花瓶がちょこんと置いてあります。

カーテンのない大きな窓のお家が多いので、春夏には光を通してとても綺麗だからかもしれません。さすが、光にこだわるデンマーク人ならではです。

 

亡き夫の未練を果たした王室御用達ガラスブランド

ホルムガードのもらった花瓶が可愛かったので、少し調べてみました。

ホルムガードとは、デンマークの地名です。コペンハーゲンから南西に70キロ、車で1時間ほどの田舎です。

近くにはNestved市があり、こちらはコペンハーゲンのベッドタウンとして商業都市として栄えています。私は行ったことがないのですが、入江や小さな島々にはお城や邸宅があり綺麗なところのようです。

出典:visit Denmark

12世紀に修道士が農民にレンガ造りを教えるため、ここホルムゴードという沼地・湿地帯にやってきました。それまで農業や漁業が中心の貧しい国だったデンマークにとって、レンガ造りに必要な泥や、火を燃やす泥炭がとれるホルムガードのような地は、初期のデンマーク工業においてとても重要だったそう。

その300年後にこの辺の農場を集めて現在も残るホルムガードゴッド(Holmgård Gods)という大きな建築物が建てられます。

出典:Holmgaard Gods

15世紀にこの地を買収したサムスー伯爵(Danneskiold Samsøe)は、ここの湿地を生かしてガラス工業を設立したいと王に許しを請いますが、許可されることなく亡くなります。

夫の死後、サムスー伯爵夫人が亡き夫の未練を果たし、許可を経て設立したのがガラスブランドのホルムガード。

これが伯爵夫人だそう。 Holmgaard

さすが、女性の社会進出が早いデンマークはこの頃からなのでしょうか。

1825年設立以来、デンマーク王室御用達ブランドとして、今でも多くの花瓶やグラスを生産しています。

今回入荷した小さな一輪ざしは1960年代のヴィンテージです。

少し分厚めのぷっくりしたフォルムと、淡いブルーの色合いがとても可愛らしい一品です。

光を取り込み、季節や入れるものによっていろんな表情を楽しめます。今回は3つしか買ってこなかったのですが、先ほどオンラインショップに商品をアップしましたので、ご興味あればのぞいていただければ幸いです。友人がくれた奥の丸いのは販売しておりません。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村