北欧のモダンファミリー

先日、念願のwebショップがオープンしました。嬉しくて、今年89歳になる祖母が遊びに来た時に「これが今の骨董屋やよ!」と自慢すると、祖父と小さな商店をしていた祖母は(今も一応1人で店を開けているのですが)、「時代は変わったもんやねぇ~」と目を丸くしていました。インターネットでたくさんの人に見てもらえるけど、これこれこういうデメリットもあるよと言うと、「なんでも一利一害やねぇ~」としみじみ言っていました。

そんな祖母が最近私に会うと必ず「あんた、商売もいいけどいつ結婚するがいね!」と言ってきます。

「はーい!」と適当に流す私はもうそんなに若くないのですが、実際あまり焦っておらず、自分なりの形を見つければいいと思っています。

 

  • 2組に1組が離婚するデンマークの夫婦

最近は日本でも事実婚や週末婚など、家族の新しい形が話題になっていますが、デンマーク人と会話していてよく驚くのは、そんな、モダンファミリーのあり方です。離婚率が約50%、2組に1組が離婚しているということですが、私の体感離婚率は、80%ほどで、ほとんどの友人ファミリーが離婚、再婚しているように思います。

ここまで離婚が一般的になると、当然デンマーク人も離婚をごくごく普通のことだと思っているので、話す方も聞く方も、ドギマギする雰囲気にはなりません。ただ、男女が別の道を歩んだだけのこと。

普段の暮らしに、日本だったらちょっとびっくりするようなシチュエーションが出てきます。

  • 結婚していないパパとママ

例えば、私が学生の頃ホームステイした家の同い年くらいの女の子は、「うちのママとパパは結婚してないの!」とサラッと言っていました。要は事実婚だという訳なのですが、そのパパとママはとっても仲良しで、学生の私には驚きだったのを覚えています。

  • 隔週で両親の家を行き来する子ども”delebørn”

6才の女の子のベビーシッターのバイトをしていた時、その子の両親は離婚していました。女の子は1週間ずつ、パパの家とママの家を交代で過ごしていました。例えばお母さんの家からお父さんの家に交代する日は、朝お母さんと学校に登校し「また来週ね」と別れを告げます。夕方迎えにくるのはパパなので、両親は最悪離婚して仲が悪くても顔を合わせなくてすむのです。子どももどちらかの親に会えないということはありません。それをデンマーク人の友人に言うと、「あぁ、ディーレボーン(delebørn)ね!」と名前もついており、離婚後どちらかに引き取られるのではなく、両親の家を行ったり来たりする子どもは珍しくないのだそうです。

  • ごちゃまぜファミリーのクリスマス

離婚後、再婚などするともっとややこしくなっていくかと思いきや、それはそれでビッグファミリーとして成り立っているように見えました。

以前友人のクリスマスパーティーについていくと、家には20人くらいの人がいました。誰が誰か紹介する余裕もなく始まったので、隣の人に挨拶すると、その女性は私の友人の”姉の旦那さんの前の奥さんの娘”でした。血が繋がっている人もいない人もいっしょに揃って楽しそうにクリスマスを過ごしているのは、それはそれで家族が増えて楽しそうに見えました。

ただ、やっぱり綺麗なことだけではなく、嫉妬やひがみもあるんだとか。

  • 元旦那の奥さんともクリスマス

友人のBさんは60代後半の女性で、2回離婚をして現在は1人で住んでいます。でも、クリスマスはいつも前の旦那さんの家で過ごすそう。その元旦那さんは再婚しているようで、「今の奥さん嫉妬しないの?」と聞くと、やっぱりBさんに嫉妬しているそうです。そうすると旦那さんは、今の奥さんに「嫉妬しないで。Bは妹みたいなもんなんだから」とBさんを庇うそうです。そんな、日本だったらドロドロになりそうなシチュエーションも、笑って聞けるのがおもしろいなと思います。

  • 人類皆家族

もっと進んだファミリーもいました。友人Dさんには7歳の娘ちゃんEちゃんがおり、よく一緒に連れているのでその子は知っていました。知り合ったばかりの頃、Dさんの家に招かれて行くと、その7歳のEちゃんに加え、ティーンの女の子が2人、またEちゃんと同じくらいの男の子がいました。ティーンの子たちだけだいぶ歳が離れていたのでこれはデンマーク式モダンファミリーだなと察したのですが、やはりそうで旦那さんの前の奥さんの子どもらしく、その子たちもママとパパの家を交互に滞在しているそうです。

後日、子どもたちのお土産の相談をしていたところ「あ、実はあの男の子は私たちの子ではないの」と言いました。

「あの子は旦那の元カノの子なのよ」とにっこり。

旦那さんの前妻の子ということまではなんとなく予想できたのですが、旦那の子でさえないとなると、さすがに私も脳みそグルグルになりそうで、それ以上は聞きませんでした。と言っても全く気まずさや嫉妬を感じさせない言い方だったので、聞けば答えてくれるのだと思います。男の子は時々Dさんの家にきて、家族のように過ごすそうです。

7歳の女の子はその男の子をお兄ちゃんだと普通に思っているようで、「私はお姉ちゃん2人とお兄ちゃん1人いるの!」と自慢していました。Dさんも、日本に遊びに来た時はEちゃんを連れてきたのですが、お土産はティーンの女の子2人と、その男の子にも買っていました。

旦那さんの前の奥さんの子どもと過ごすだけでも日本では十分レアなファミリーに入るところですが、そこに旦那とも血の繋がらない元カノの子どもも入るとなると、もう皆家族なんですね!という気になってきます。

そんな環境で育ったからなのか、Dさんの娘さんのEちゃんは、とてもオープンマインドで明るく、人種が違う私にもさっと馴染んでくれるとても可愛い子です。

  • 「いろいろあって当たり前」という余裕

デンマークでも、全てが理想通りに行くわけではなく、決して綺麗なことだけではないのですが、いいなと思うのは、「生きてたらいろいろあるよね!」と、幸も不幸もどんな状況も、いろいろあって当たり前だという寛容さです。今日の話も見方によっては悲劇になり得ることが、なんとなく喜劇に見える、そんな余裕や安心感がいろんな面で感じられます。

その余裕は、家具や食器、インテリアやデザインなど今の北欧のいたるところで見られる物や人や暮らしの根幹となっているように思います。

その寛容さは、どこからくるのでしょう?海を切り開いていったヴァイキンの血筋なのか、厳しい自然と共存する上で生まれた思想なのか、他にもいろいろな背景があるのでしょうが、デンマークでも40年ほど前までは、女は家庭に入り、子どもは学校で暗記テストをするという考えが浸透していたようです。

とすると、今の余裕の大半は、社会のシステムからくることが大きいのだと思います。離婚の際、日本では子どもの養育費などが問題になることが多いようですが、教育や医療費など、人が生きていく上で最低限必要なことは国がしてくれるので(税金ですが)、家族の負担になりません。女性も男性も子育てをしながら働く環境が整っているので、必要以上に依存し合う必要がありません。

両親が子どもの荷を、子どもが両親の荷を、夫婦がお互いを背負う必要がないので、常に自由な選択肢を持ちながら、しがらみなく生きることができる、そんなところは大変羨ましいと思います。

  • 「なんでも一利一害」だけど…

ただ、アジアなんかから移住した外国人はよく「デンマーク人は冷たい」と言います。とても自立しているので、家族であっても友人であっても必要以上に助け合ったりしないからなのでしょう。

まさに、おばあちゃんが言ったように「一利一害」ですね。

歴史的にもヨーロッパは個の文化、アジアは集団の文化と言われ、どちらが優れる劣るということではないのでしょうが、日本のようにある程度発展した国であれば、「何が理想なのか」を追求し、少しずつ変えていくことはできるのではないかと思います。

私は、社会が変わるのを待っているうちにお婆さんになってしまっては困るので、今は結婚や会社にできるだけ縛られることなく、自由に選択していける道を、自分から作る以外にありません。という理由をつけて、祖母には「結婚はある程度自立してから!」と答えていますが、祖母はちょっと意味不明という顔をしていました。そんなこと言っているうちに誰ももらってくれんくなるわーという感じでしょう。(それはありえる)

長くなりましたが、皆さんはどう思われますか?

理想の結婚や生き方は人それぞれだと思いますが、どんな選択肢でも受け入れられる余裕が広がるといいなと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

 

iPhoneから送信