買い付けの極意 

先月も行ってきたデンマーク旅行ですが、なんともワクワクがとまらないのはやはり買い付けです。いろんなヴィンテージショップやアンティークショップに行くのですが、ワクワクしすぎるのが少し難点でもあります。

例えば新しいお店を見つけて入って、

こんな感じでお宝があると、脳内がパンクして何から手をつければいいかわからなくなります。みなさんも大好きなものがたくさんあるお店を見つけた時など、そんな感じになりませんか?

それはそれでいいのですが、買い付けに頭と目がいっぱいになって、1時間ほどで疲れてしまうのと、じっくり他のまだ見たことのないものを探す余裕がないというのが難点です。

そこで、あんまりガチガチになりすぎずに素敵なものを発掘する良い方法があることがわかりました。

それは、「デンマーク人のお宅にお邪魔する」あるいは「デンマーク人に聞く」です。

   

基本的にデンマーク人はデザインやインテリアにこだわりがあり、また古いものをフリーマーケットなどで購入して使うということに慣れていて、お宅におじゃますると古いものと新しいもの、趣味とこだわりを上手にミックスしたそれぞれ違った世界観があります。

「これいいですね」というと、「それはフリーマーケットで1000円で買ったんだ!」とか、「これはデンマークの ◯◯っていうブランドのものよ」「あそこにいいお店があるよ!」とか、そんな感じで教えてくれるのでとても参考になります。

「郷のものは郷のものに聞く」

というのが私の買い付けの極意です。極意という割に普通でした。でも日本の焼き物にしても、電化製品にしても、結局日本人がいちばん多く見てきているし、情報も圧倒的にあるので知っています。そして外国人に「日本の良いものを知りたいんだけど」というと、自国の良いものをいろいろ教えたくなりますよね。

私もなかなかできなかったのですが、買い付けだけでなく海外に行って買い物や食事をする際には、積極的に店員さんや現地の人とコンタクトをとってみることをおすすめします。英語が喋れなくても、イッツベリーグッド!とか、笑顔で美味しい!って言うだけで、悪い気はしないのでお互いに良い思い出になります。良い思い出になれば良い国だなと思えて、また訪れたり、交流が広がっていくかもしれません。私も最近は変なやつって思われてもいいや!と思ってなるべくポジティブにしゃべりかけるようにしています。

そんな感じで、郷の人に聞き、今回の買い付けでも加わった仲間があるので、この後の記事でまたご紹介したいと思います。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村