「論破」しないデンマーク人

雨に台風に10月にしては生憎のお天気の今週、デンマークから友人家族が私の家に遊びにきていました。デンマーク人、北欧人と聞いたら、なんとなく寡黙でクールなイメージがあると思います。寒くて暗い気候だからか、南欧のスペイン人やイタリア人と比べると静かで落ち着いている雰囲気は確かにありますが、寡黙ではないと思います。少なくとも私が知っているデンマーク人はめちゃくちゃ喋ります。おしゃべりというレベルを超えて、いつでもどこでも真剣にディスカッションを始めます。

今年の春にも、おっさん2人が日本にやってきたのですが、2人は移動中も、観光地でも、温泉でも家でも朝でも寝る前もずーっと喋っていました。寿司屋に行った時も、ついヒートアップしては、ちょくちょく私に、

「喧嘩してるわけじゃないから!心配しないでね!」

と言いつつ話は止まらず、周りで食事をしていた日本人は喧嘩していると思ったかもしれません。飛行機でも客室乗務員の人に、

「喧嘩しているのか、お話しているのかどっちですか?」

と聞かれたそうです。でも彼らが言うには、その喧嘩のような議論をした後は、ますます仲が深まるらしいです。そしてより良い解決策が生まれるのだと。

 

この2人は極端かもしれませんが、他のデンマーク人もやっぱり議論は好きで、パーティーでも食事でも、老若男女「おしゃべり」という枠を超えた議論をします。

語学学校であっても毎日「はい、じゃーグループを組んで話し合ってー」みたいなことを言われるので、日本人の私はそういう機会がある度に(げーー)と思って、慣れない話し合いにおそるおそる参加していました。

海外に行って、こういう場面で肩身の狭い思いをする日本人は多いと思います。語学の問題もあるかもしれないのですが、一番はそういう意見のぶつけ合いみたいなものに慣れていないからだと思います。

 

なんの違いでしょうか?

今週遊びにきたデンマーク人夫婦には8歳の娘さんがいて、少し教えてもらったのですが、デンマークの学校では定期テストというものがないそうです。暗記教育の代わりに、学校で子供たちが教わる土台とされているのが「対話による民主主義を学ぶこと」だそうです。と言っても難しいことではなく、自分はどう考えるか、どう伝えるか、そして相手の意見も聞くことを小さな頃から学ぶそうです。

授業はグループワークが中心で、例えば先生に、「私はこういう理由でこれをしません」「私はこれをします」というような個人の意見も尊重されるそうです。(生徒と先生は対等な関係)

 

そんな環境で育ったデンマーク人は、どんな話題を振られても、さっと自分の意見を言うことができます。最近わかってきたことなのですが、意見を言う前に、その意見が本当に正しいかどうか、間違っていることを言っていないかということをあまり気にしておらず、何が正しいかどうかは、相手の意見も聞いて、話をしながら導きだしているようです。

 

デンマークの学校の話を聞いて、

「日本はみんな同じこと、正解か不正解かという二択をひたすら覚えさせられるだけだからうらやましいな」

と言うと、

「確かにクリエイティブなことは、私たちが得意としていることかもしれません。ただ、日本はテクニカルなことは素晴らしいですよね」

と言っていました。

手放しでデンマークを賞賛するわけではありませんが、福祉やデザイン、環境問題など社会のポジディブな分野で進んでいる国の土台となっているのはこの「対話力」なのではないかと思います。

 

こういうことを知る前は、私もデンマークで意見をばーっと言われると、なんとなく一方的に言われたり否定されているように感じて、それに反撃しなきゃと頭が真っ白になることがありました。でもこれは、「否定」ではなく「対話」であり、力を抜いて楽しめばいいのだということがわかってきました。

 

最近は短文で自分の意見を投稿できる時代ですので、「論破」という言葉を良く見ます。

討論でも、どれだけ相手を黙らせられるか、足を引っ張れるか、上手く話を逸らせられるかなど、スポーツのような勝ち負けに見える時があります。

論破をしてしまうと相手は黙り、そこで議論は終わってしまいます。その結果は、エゴと恨みしか残りません。対話を続けることは、相手の意見も聞かなければならないので簡単ではありませんが、お互いの関係だけでなく、新しいものを生み出すきっかけともなるそうです。私も、自分と意見の合わない人は避けるふしがあったなとデンマーク人との対話を通して反省しました。

選挙の日、少し真面目なブログになりましたが、様々な意見があり、活発な議論によって作られる国であってほしいなと願います。そのためにはまず個人から、どんな意見であっても、必ず反対の意見は存在し、それから逃げずに「対話」を通して向き合っていくことも大事なのかなと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

お城を眺めながら読書ができる優雅な図書館

コペンハーゲンから電車で45分くらいの中核都市Helsingør(ヘルシンオア)は、クロンボー城というハムレットのモデルとなったお城がある街。

対岸はスウェーデン。ここから船で渡ることもできます。

今日はそのお城のすぐ近くにある図書館に行きました。

図書館の他に、展示や音楽ホールが併設された文化施設です。

2階は子ども専門

大人とフロアが別なので「静かにしないとダメ!」という雰囲気ではなく、家族でいしょに楽しむことができます。

本だけでなく、遊具やコンピューターなど充実していました。

3階、4階は大人の本

こちらはまた一風変わって落ち着いた北欧モダンの空間

開放感ある空間で、海側が窓になっているので海とクロンボー城を見ながら読書を楽しめます。

その肝心の写真を撮り忘れていたのですが、1階にはカフェも併設されていて、

そこからもクロンボー城を眺めながら食事やコーヒーが楽しめます。

 

サーモンがたっぷりのサンドイッチ

 

ここは文化センターも入っているので、広さや施設は特別ですが、デンマークの図書館は全体的にオシャレで居心地よく、システムも最新で充実しています。町の図書館に入ると、観光名所とはまた違った地元の人の生活や、北欧デザインなども味わえ、大抵コーヒーを飲みながら雑誌や新聞が読めるスペースもあるのでリラックスするのにおすすめです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

世界一美しい美術館で美味しいランチ

コペンハーゲンから北へ30分ほどのHumlebækにあるルイジアナ美術館に行ってきました。

邸宅を改築して作られた美術館で「世界一美しい美術館」と言われているそうです。どんなゴージャスな建物かと思いきや、外観は素朴な感じでした。

中に入るとまず広い庭園があります。

そしていたるところにアートらしきものが。海や空、自然と融合しているのが素敵でした。

海を一面見渡せます。

館内はガラス張りで、絵画と外の自然を同時に鑑賞できます。

休憩は、海を見渡せるレストランへ

ここも邸宅の一部だったそうです。窓が大きくどこからでも海が見える作り

こちらのビュッフェは130クローナ(2千円ほど)で少し高いですが、デンマークの食材を使った料理が堪能できるのでいつも満員です。

食べ物も彩りが綺麗でアートです。

世界一美しいかどうかはわかりませんが、簡素な中に、自然の美しさを最大限生かす作りになっているのがとてもデンマークらしいのかなと思いました。豪華な美術館はたくさんあると思いますが、建物や作品の豪華さだけではない、ここでしか味わえない独特の空気のある美術館なのだと思います。ここが大好きだというデンマーク人がたくさんいました。

何より贅沢な景色を眺めながら食べるランチが美味しいので、アートがよくわからない私でも楽しめました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

お人形の不思議な話

最近事務所に新入りがきました。食器ではありません。この青い目の人形です。

私が小さな頃から家にあった西洋人形ですが、そういえばちょっと不思議なエピソードがあったのを思い出して家から持ってきました。

 

体を倒すと眠ったように目を閉じる人形ですが、少し古かったので、片目が閉じにくいお人形でした。母には「A子さん(母の友人)にもらった大事なお人形だから、壊れるから遊ばないで」と言われていたので、私たち姉妹はたまに少し触ったりする程度で、その後は置物としてずっと飾ってありました。

時は過ぎて昨年のちょうど今頃、デンマークにいる私を母とその友人のA子さんが訪ねてきました。いっしょに北欧諸国を旅行した何日かの晩、ホテルで話をしている時にA子さんが言いました。

A子さん:「そういえば、今日博物館に行ったとき思い出したんだけど、私がImayaちゃんが生まれた時にプレゼントしたお人形あったじゃない?」

私:「あ、あのお人形ですか?A子さんからと言うのは知っていたけど、私が生まれた時にいただいたものだったんですか?」

A子さん:「そうそう。うちは二人とも男の子だったから、Imayaちゃんが生まれた時に、女の子たちにあげたいと思ってプレゼントしたのよ」

母:「あーそうだったっけ」

A子さん:「そしてそのお人形ね、私が小さい頃、父が出張のお土産に買ってきてくれたものだったんだけど、その出張先がデンマークだったの。今日博物館で同じような服を着ているお人形を見てハッと思い出したんだけど。あの時はデンマークっていっても何も思わなかったけど、Imayaちゃんが後にデンマークにいるなんてなんだか不思議ね」

以上がその不思議な話です。世にも奇妙な物語を期待した方はすみません。なんのこっちゃいこれだけです。へー奇遇だね!という程度のことですが、私は驚いたと同時に、なるほどーと思いました。

ドタバタの30年だったと思いますが、デンマークに関わることだけはいつも不思議なくらい運良く、スムーズに進むなーと思っていました。そしてどんなに離れても、結局デンマークに行き着くなーとも思っていました。「なんでデンマークなの?」と200回以上は聞かれましたが、「よくわからないけどなんとなく」というのが正直なところで困る質問でもありました。それが、私が最初にもらったプレゼントがデンマークからやってきたものだったということは、何か自分の中で「縁」という一つの答えを見つけたような気持ちになったのです。(だからと言って次から「実は、生まれた時にもらったお人形が‥」とか言いません大人だから)

そんな話をしていた昨年は1年後にこんなことをしているとは思ってもみなかったのですが、今年はデンマークと日本の国交150周年だそうです。この年にデンマークと日本の間でビジネスをスタートすることになったのも、もしかしてお人形が・・ふと思い、守り神として事務所に連れてきました。景気付けにそういうことにしておきます。実際そうであってもなくても、始めるにあたり幸運にもたくさんの素敵な方々に出会い、助けていただいていることは確かですので、そんな風に重なり合っている全ての縁に感謝を忘れないようにしていきたいと思います。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

コロニヘーヴでhygge (ヒュッゲ)な時間

デンマークでは7月が夏休みです。

子供はもちろん、両親も3週間ほど休みをとって、家族の時間を楽しみます。

冬は長くて暗いデンマークでは、夏を思い切り楽しむため、多くの人が自然の近くにサマーハウスを所有します。

そんな休暇シーズンに、コペンハーゲンに住むご家族のサマーハウスにお邪魔しました。

お邪魔したサマーハウスは、コロニヘーヴkolonihaveという、小さな家の集合地区。

その昔、コペンハーゲンに住む人口が増えだした頃、政府が空気の悪い住環境を懸念して、空気のきれいな場所で過ごせるように考案したそうです。

海沿いに大きく豪華な家をサマーハウスとして所有する人もいますが、こちらは庶民のためにつくられたもの。

小さいお家ですが、家庭菜園ができるお庭があり、テラスがあり、。

家は大きくないですが、夏の間だけ、家族みんなで同じベッドでごろ寝するのも楽しそうでした。

ベリーを摘んだり、トランポリンやプールで思い切り遊んだあとは、みんなでバーベキュー

焼くのはデンマークの食卓に欠かせないプルサ(ソーセージ)

マシュマロを焼いてチョコレートとクッキーに挟むおやつも作っていました。

家族水入らずの中におじゃまして、温かい夏のひとときをご一緒したとても良い思い出です。

デンマーク語には他の言語にないhyggeという「人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい気分」という言葉があり、デンマーク語を習った当初からその言葉は何度も教えてもらったのですが、

「これがhyggeね!」

という1日でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

デンマークのフリーマーケット

夏の間、週末はいろんな場所で、loppemarkedという蚤の市が開かれます。

アンティークショップが何十店舗も集まる本格的なものから、

家にあるガラクタを近所の広場で売る小さなものまで。

お宝に出会ったり、人と交流したり。

そんな様子を見ているだけでも楽しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

藁葺き屋根の古民家カフェで

デンマークにいる間、よくふらふら〜っと一人で歩くのが好きでした。

そのうちいくつかお気に入りのカフェを開拓していきました。

その一つがこちら

「ハンセンさんのカフェ」

 

庭のピンクの花がシックな建物によく映えてとても綺麗です。

コーヒーじゃなくてビール飲みました。昼から1人で。

デンマークではけっこう普通です。

 

付け合せにこんな素敵なのを作ってくれた優しいおじさんのカフェでした。

夏場は曇っていようが肌寒かろうが絶対に外で食べたがるデンマーク人。

短い夏を思い切り楽しむ生活が優雅でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

ジブリみたいな海沿いの街

デンマークの首都コペンハーゲンもとても素敵な街ですが、

田舎の小さな街も魅力的なので昨年撮った写真をたくさん紹介します。

7月の雨上がりにGilleleje(ギレライ)という港町の海岸線を散歩しました。

港周辺には茅葺屋根の古い家々や

オレンジの瓦屋根の協会や家

海を見下ろす高台の自転車道をずっと歩いてみました。

 

ちょうどベリーの季節でした。

 

トトロいたもん!て感じの道を通って

灯台に到着。

デンマークに旅行の際は、ぜひ海の見える田舎町にも足を運んでみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
 

はじめまして

私の祖父は、北陸の古い町家で小さな骨董屋を営んでいました。祖父の家に行くと、謎の古道具や箱が山積みになっていて、香ばしいような独特のにおいがし、チクタクゴンゴンという古時計の音が聞こえました。「来たがけ」(よくきたね)と迎えてくれた祖父は、鉄瓶を囲炉裏にかけ、銀を磨き、欠けた食器を繕ったり、壊れた道具を修理したりと、いつもせわしなく動いていました。

私はというと全くといっていいほど古いものには興味がなく、新しい物を次から次へと買っては捨てという生活をしていました。ただ、何をしても飽きる性格なので、仕事や住居を転々とすることが多く、必然的に周りの物は少なくするようになっていきました。そうするうちに、自分と関係が深いもの、歴史やストーリーのあるものだけが手元に残り、物との向き合い方が少しずつ変わってきました。

30歳の時に1年間暮らしたデンマークでは、夏は毎週のように開かれるフリーマーケットへ、冬は各地のセカンドショップやアンティークショップを渡りあるき、向こうの古いものにもどんどん魅了されていきました。冬が長いデンマークの人は、家の中の生活をいかに快適にするかに命をかけており、シンプルだけど洗練されたデザインに、修理をしながら何代も使う事ができる良質なものがたくさんありました。そしてそれを、家族やフリーマーケットなどで次にバトンを託します。そのような物を長く大切に扱う精神は、祖父の姿や、かつての日本の文化にも通ずるものがあり、親近感を覚えました。

単なるモノですが、作り手の意思や、何代かに渡り大切に使った人々の生活跡、修理をして再度送り出す人など、多くの人の愛情や歴史が刻まれていると思うと、愛着が湧き、自分だけの特別になります。人と時間を繋いできた物たちが、時空を超えて、持ち主の”今”を照らしてくれることを願って、Imayaというwebショップをはじめます。合わせてこのブログでは、デンマークで見た豊かな暮らしも紹介していきたいと思います。

どうぞ末長くよろしくお願い申し上げます。